SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通デジタル、オンライン上で新規事業開発を支援するサービス開始 顧客価値探索からMVP創出まで

 電通デジタルは、企業のDX推進に向けた新規事業開発において、アジャイル型のUXデザインアプローチで支援するサービス「AGILE EXPERIENCE DESIGN LAB」の提供を開始した。

 同サービスでは、企業のDX推進人材育成を踏まえ、同社とクライアント企業で協働チームを構築。顧客価値探索、体験設計、アイディエーション、プロトタイプ開発、実用可能レベルなMVP(Minimum Viable Product:実用最小限の製品)創出までの一連のアジャイル型開発を、約3~6ヵ月でオンライン上にて実現する。

 サービス実施の流れは次のとおり。

タップで拡大
「AGILE EXPERIENCE DESIGN LAB」のサービスの流れ(タップで拡大)

1.Co Empathy=「顧客課題・インサイト」を見つける

 ステークホルダーや有識者へのヒアリングなどを通して、課題仮説、ターゲットユーザーを設定。ユーザーインタビューや行動観察を実施し、調査結果をカスタマージャーニーマップなどのフレームワークに落とし込み、重点課題を特定する。

2.Co Creation=「価値あるソリューション」を創る

 チームでのワークショップを通じて、重点課題に対するソリューションのアイデアを創発。ソリューション案を基にプロトタイプを作成し、ユーザー調査によって有効性を検証する。

3.Co Execution=「MVP」を作り、市場に投入する

 検証を基に、ユーザーが実際にプロダクトを使用できるMVPを開発。随時ユーザーからのフィードバックを反映し、プロダクトの改善を繰り返す。

 なおアジャイル開発については、外部パートナーとの協業も予定されている。

【関連記事】
電通デジタル、ECサイトの運用型広告における最適化ツール「Kommerz」を提供
電通デジタルとトレジャーデータ、プライバシーマネジメントのサービスを共同で開始
電通と電通デジタル、テキスト解析プラットフォーム「mindlook」を提供開始 日立と共同開発
電通デジタル、SNSを活用し企業のライブ動画配信を支援する「Engagement LIVE」を提供
電通デジタル、Adobeと連携しオウンドメディアのUX革新支援ソリューションを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/08/31 13:40 https://markezine.jp/article/detail/34192

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング