SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

楽天、実店舗領域のマーケティング施策を支援する「アドホックオフライン購買分析」を提供開始

 楽天は、オフラインでの購買データに基づくIDマーケティングソリューション「RMP - Omni Commerce」において、新メニュー「アドホックオフライン購買分析」の提供を開始した。

 同メニューでは、レシート画像を送付すると「楽天ポイント」を獲得できるサービス「Rakuten Pasha」を通じて蓄積した、コンビニエンスストアやスーパーなどのレシートデータを分析することで、各企業の実店舗領域におけるマーケティング施策の最適化を支援する。

 たとえば食品メーカーなどの企業に対し、販売を促進したい商品と同時に購買されている飲料などを分析したレポートを提供することで、各企業はその飲料と組み合わせたキャンペーンを設計するなど、プロモーション手法の改善につなげることができる。

 また同メニューでは、楽天会員からなる顧客基盤を活用し、各企業の商品を購買している層の属性などに関するデータを分析した統計レポートも提供。これにより、各企業は実際にどのような層が商品を購買しているのかを把握してターゲット層を見直すこともできる。

 なお、同メニューは「RMP - Omni Commerce」の各メニューと組み合わせての利用と、単独での利用のいずれかを選択することが可能だ。

【関連記事】
楽天と東急、新会社「楽天東急プランニング」を設立 双方のオンオフデータを活用した事業開発へ
欲求の充足は二の次に? 楽天インサイトがコロナがもたらした価値観の変化を調査
楽天、実店舗の商品にQRコードを添付する「二次元コードキャンペーン」提供 販売促進への活用が可能に
楽天、食品メーカーなどに向けた「レシピタイアップ-トライアル促進パッケージ」を提供開始
「利用者数」1位はアマゾン、「利用回数」1位は楽天市場 ニールセン デジタルが、EC利用状況を調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/02 13:30 https://markezine.jp/article/detail/34215

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング