SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アンダーワークス、「マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN2020」を公表

 アンダーワークスは昨年に引き続き、日本国内のマーケティングテクノロジーに関する調査を実施。「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2020」として公表した。

 同マップは、国内で利用可能なマーケティングテクノロジーのうち、主要なものを16分野109カテゴリーに分類し、1,234種類のテクノロジーとして一覧化したもの。掲載テクノロジー数は、昨年度の930種類に比べ、約1.3倍増加した。

「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2020」イメージ画像

 また今回は、カスタマーサクセス、リアルタイムインタラクション、イベント管理の分野を新たに追加。カスタマーサクセスに関しては、サブスクリプションビジネスの台頭により「いかに長く使い続けてもらうか」が重要視されつつあり、今後注目されていくと考えられたため加えられた。リアルタイムインタラクションはチャット関連ツールなどの掲載数が大きく伸び、ますますOne to Oneマーケティングの進む兆しがマップ上に現れていた。

 そしてイベント管理ツールは、コロナ禍の影響でオフラインイベントやセミナーのオンライン化に対する注目が集まったことから新たに追加された。その他にも、コンテキスト・ターゲティングを含む広告最適化のツールも掲載数が大きく伸びた。

【関連記事】
アンダーワークス、CDPとBIの連携ソリューションを提供開始 顧客データの統合から活用を一貫して支援
アンダーワークス、「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2019」を公表
アンダーワークス、EnsightenのGDPR対応ソリューションの提供・導入支援を開始
アンダーワークス、「マーケティングテクノロジーカオスマップ JAPAN 2017」を公表
アンダーワークス、「Oracle Excellence Awards 2017」を受賞

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/17 11:30 https://markezine.jp/article/detail/34364

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング