SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

エフエム東京と博報堂DYMP、オンデマンド音声ビジネス領域における協業を開始 広告主向けの企画も予定

 エフエム東京と博報堂DYメディアパートナーズは、オンデマンド音声ビジネス領域において協業し、組織的連携を図ることで合意した。

 両社は、日本市場においてオンデマンド音声サービスを提供する独自のプラットフォーム(「JFN PARK(現・AuDee)」、「ラジオクラウド」)をそれぞれ立ち上げるなど、同市場におけるビジネスモデルを模索してきた。

 今回の協業においては、両社の持つ強みをかけ合わせ、オンデマンド音声コンテンツの企画開発・制作・販売・仕入れ、両社の持つプラットフォームや広告開発・販売の連携などを推進していくことで、オンデマンド音声ビジネス領域での業務拡大を図り、市場拡大の可能性を探索していく。

 具体的には、オンデマンド音声コンテンツを主軸としたビジネスモデル開発の推進、広告主のブランドに貢献する「ブランデッドオーディオコンテンツ」の共同企画・制作・セールスに取り組む予定。

 また、博報堂DYメディアパートナーズが有する広告配信システム「BRAND VIEW ADS」を活用した両社が持つデジタルオーディオアドの連携、配信や、広告会社のクリエイターと放送局のクリエイターがコラボしたコンテンツ創造、大手出版社など、外部企業との協働による新しいユーザー参加型のコンテンツ配信なども予定している。

【関連記事】
博報堂DYMP、雑誌メディアのナレッジを活用したソリューションチーム「MATCH」をスタート
博報堂DYMP、マルチスクリーン/マルチフォーマットへ拡張する広告配信システムを提供開始
TOKYO FMとDNP、ラジオ番組と流通店舗をつなぐO2O2Oアプリを共同開発
博報堂DYHD、アーティストに特化した月額制音声配信サービス「Artistspoken」を開始
オトナルと朝日新聞社、音声ニュースアプリ「朝日新聞アルキキ」で音声広告枠のプログラマティック販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/24 15:30 https://markezine.jp/article/detail/34402

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング