SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LIVE BOARDら、 複数の屋内デジタルOOHにおける広告視認数の計測を1台のカメラで可能に

 LIVE BOARDとフューチャースタンダードは、1台のカメラで複数の屋内デジタルOOHの広告視認数を計測するモデルを共同開発した。

 LIVE BOARDは、DOOH広告の販売を手掛ける企業。一方フューチャースタンダードは、映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営している。

 同計測モデルは、物体検知モデルを活用した3次元座標計算による通行者の動線の解析と、3次元顔向き推定アルゴリズムを活用した、視認可能な範囲の計測を組み合わせることで、通行者のより詳細な行動・視聴把握を可能に。これにより、屋内デジタルOOH1台ごとのカメラの設置を不要にし、安価かつシームレスなインプレッション計測を実現する。

 両社は今後、鉄道駅構内や商業施設などの屋内デジタルOOHにおいて、同計測モデルの活用を進めていく。

【関連記事】
デジタルガレージ、DOOH市場へ参入 美容サロンに特化したデジタルサイネージメディアを提供開始
LIVE BOARDと富士通、DOOH広告の視認数に応じたインプレッション計測モデルを構築
大阪駅のデジタルサイネージ、インプレッション計測の実証実験 DOOH広告のアドネットワーク化を目指す
DOOH向け広告配信の一元管理を可能に SMN、LIVE BOARDと連携し新サービスを提供開始
ベクトル、DOOH事業に参入 渋谷の2ビジョンでサービス提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/09/28 12:25 https://markezine.jp/article/detail/34423

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング