SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

JTBグループ会社とWACUL、Webサイト分析改善ツール・AIアナリスト for ツーリズムを提供

 JTBコミュニケーションデザインとWACULは、Webサイト分析・改善ツール「AIアナリスト for ツーリズム」の提供を開始した。

 昨今、観光・ツーリズム業界において、デジタルを活用したプロモーションが進展しているが、デジタル人材の不足などにより、Webサイトの運用および集客施策の管理が各社の課題となっている。特にGoogle Analytics(以下、GA)などの各種解析ツールについては、必要とされるマーケティングスキルが高度化しており、対応に苦慮している企業、団体、自治体も少なくない。また、昨今のパンデミックにより、これまでの旅のスタイルや集客方法が大きく変容する中で、より効率的かつ効果的なマーケティングが求められている。

 これらを背景に、JTBコミュニケーションデザインは、GAデータなどと連携し、デジタルマーケティングのPDCAをサポートする自動分析・改善提案ツール「AIアナリスト」の開発会社WACULと共同で、同ツールを開発。観光・ツーリズム市場に特化したダッシュボード機能や、集客分析機能を提供することで、マーケティングのDXを実現する。

 同ツールの主な機能は以下のとおり。

プロモーション効果の可視化

 「どんなユーザーがサイトに来ているか」「どのコンテンツが効果的か」など、プロモーション施策の効果をレポーティング。詳細な数値変化まで分析する。レポーティングに際しては、AIが自動データ集計・分析・ビジュアライズを実施。これにより、分析に係る工数削減や詳細かつ広範囲な分析が可能だ。

レポート画面イメージ「ユーザーの購買決定ステージごとの訪問数」
レポート画面イメージ「ユーザーの購買決定ステージごとの訪問数」

施策改善サポート

 分析結果を基に、蓄積されたビッグデータからAIが具体的な改善策を提示。Webサイトの改善、SEO(自然検索)の改善、ネット広告施策の改善など、多岐に渡る改善策を提示する。また、施策実施後の推定コンバージョン数も明示することで、PDCAサイクルの効率化を支援する。

【関連記事】
旅行者のインサイト提供へ トリップアドバイザーが「Tripadvisor Navigator」を発表
JTBとセールスフォース・ドットコム、地域DX推進を目的に「包括的連携・協力に関する協定」を締結
JTB、「Yextプラットフォーム」を導入 店舗ページの全体インプレッション数が約40%増加
「NAVITIME Travel」、チャットボットによる日帰り旅行の自動プランニング機能を提供
グルメサービス「Retty」、食領域のビッグデータ連携基盤を提供 出光興産の旅行関連サイトと連携開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/01 12:45 https://markezine.jp/article/detail/34459

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング