SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ECの商品開発から購入後のフォローまで支援 イングリウッドとアップセルテクノロジィーズが業務提携

 イングリウッドとアップセルテクノロジィーズは、Eコマースにおけるコールセンター構築業務およびマーケティングデータ統合にともなうテクノロジー領域において業務提携契約を締結した。

 イングリウッドは、データテクノロジー事業、AI戦略事業およびセールス・ライセンス事業を展開する企業。データテクノロジー事業においては、EC事業における様々な課題に対し、データやテクノロジーを用いたソリューションを提供している。一方、アップセルテクノロジィーズは、インサイドセールス事業、コールセンター業務および新たな商材のコールセンター立ち上げにおけるノウハウを蓄積している企業だ。

 今回の業務提携により、イングリウッドのデータに基づいたブランディング・マーケティング力とアップセルテクノロジィーズのコールセンター構築および運営のノウハウを融合することで、商品開発から商品提供、アフターフォローまでのワンストップサービスの体制構築が可能に。クライアント企業の事業成長と、両社の業容・業績拡大へとつなげる。

 イングリウッドではこの提携により、クライアント企業に向けたECソリューションのさらなる充実を実現するほか、EC事業のコールセンター業務の構築と運営にかかるコストの圧縮を可能にし、EC事業の高収益化を実現する。またアップセルテクノロジィーズでは、Eコマース分野の拡大、商材の多様化によるセールスノウハウの蓄積、オペレーターコストの共有化によるコストの最適化が可能になる。

【関連記事】
イングリウッド、日本郵政キャピタルと資本提携
電通デジタル、デジタルコマース領域の統合的な支援へ 100人規模の全社横断専門組織を発足
CCI、EC販売戦略を一気通貫で支援する「Commerce container」を提供開始
ディーテラー、ECサイト専用アクセス解析レポート「DeeBoard for EC」を提供開始
EC物流代行システム「LOGILESS」と、D2C支援サービス「EC Force」が連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング