MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ウェブサイト価値ランキング2020、ANAが首位獲得/JAL、ユニクロが続く【トライベック調査】

2020/10/19 17:30

 トライベックの調査・分析機関であるトライベック・ブランド戦略研究所は、「Web Equity 2020」の調査結果から、12業界246企業・ブランドについてデジタルメディア(公式サイト、SNS公式アカウント、公式アプリ)の事業活動への貢献度を算出し、ウェブサイト価値ランキング2020として発表した。

 今回の調査において、ウェブサイト価値で1位となったのは「全日本空輸(ANA)」で906億円。新型コロナ問題の影響もあり、昨年より128億円減少した。2位は「日本航空(JAL)」で718億円、以下、「ユニクロ」が676億円、「トヨタ自動車」が641億円と続いた。

 上位20位のランキングは次の通り。

 なお「ウェブサイト価値」は、デジタルメディアが企業や商品の認知度やイメージ、好感度などのブランド力向上にどの程度貢献しているかを評価した「情報価値」と製品・サービスの売上にどの程度貢献しているかを評価した「売上価値」を合算したもの。

 「情報価値」は企業のデジタルメディアにおける各コンテンツの推定閲覧者数から算出した「閲覧価値」と会員登録やSNSのフォローといったコンテンツ閲覧後にとられる様々な行動から算出した「行動価値」の合算になる。

【調査概要】
調査主体:トライベック(トライベック・ブランド戦略研究所)
調査期間:2020年6月1日~6月15日
調査対象者:全国20~69歳の一般消費者
調査対象製業界:電子・電機/情報・通信/自動車/住宅関連/化粧品・トイレタリー/OTC医薬品・健康機器/趣味・娯楽・その他/食品・飲料/運輸・レジャー/流通/金融/エネルギー・素材

【関連記事】
Twitterでの検索理由は「世の中の反応を見るため」が約半数/他のSNSでは?【トレンダーズ調査】
高校生・大学生男女、Twitterキャンペーン参加後は「好感度が上がった」と回答【テスティー調査】
余暇時間はスマホゲームがトップ/ほぼ毎日プレイは10~30代で5割超【クロス・マーケティング調査】
飲食店の倒産、20年度上半期で392件発生、上半期では過去最多に【帝国データバンク調査】
レジ袋の購入率が最も高い時間帯は0~3時/最も低いのは9~12時【楽天調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5