MarkeZine(マーケジン)

記事種別

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年に102億円/2024年には558億円規模に【SMN調査】

2020/10/26 11:30

 SMNは、デジタルインファクトと共同で、国内コネクテッドテレビ広告の市場動向調査を行った。

 コネクテッドテレビ広告とは、インターネット回線に接続されたテレビ端末であるコネクテッドテレビ向けに配信される動画フォーマットを中心としたデジタル広告のこと。米国では既に広告主から大きな需要があり、2019年時点で65.5億ドル(約6,878億円)の市場規模となり、今後も大きく成長する有望な広告商品として注目が集まっている。

 日本では、近年急速に拡大し、2019年の個人利用率は13.5%に達している。近年、テレビ端末におけるインターネット動画配信サービスの視聴者数が増加し、コネクテッドテレビ広告のユーザー接触は過去数年増加傾向にあり、普及の兆しがみられる。

 2020年に発生した新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響を受けて、テレビ端末でのインターネット動画配信サービスの視聴需要は大幅に増加。これにともないコネクテッドテレビ向けに配信される広告量も急増し、テレビ端末に配信されるデジタル広告の需要は高まりつつある。

 2020年の国内コネクテッドテレビ広告市場は102億円と、前年比1.6倍となることが見込まれている。動画広告におけるコネクテッドテレビ広告の比率は、今後も引き続き高い水準で増加することが予想されている。

 コネクテッドテレビの普及により、ユーザーが一つのテレビ端末で、自身の趣味嗜好や関心に応じて、放送コンテンツとデジタルコンテンツを気軽に使い分けた新しい視聴行動が広く定着しつつある。そのなかで、今後コネクテッドテレビ広告は、テレビCMの補完的な役割として、あるいはテレビCMと連動させた新しい価値をもたらす役割を担うことが期待される。

 同調査によれば今後、ターゲティングの広告プロダクトやコネクテッドテレビの普及により、コネクテッドテレビ広告の需要は、今後中期的に急速に拡大することが予想され、2024年の市場規模は558億円に達すると予測されるという。

【調査概要】
 調査主体:SMN株式会社
 調査時期:2020年9月から2020年10月
 調査方法:国内外の広告主、広告会社、動画メディア、広告配信事業者、有識者などへのヒアリング、調査主体ならびに調査機関が保有するデータ、関連企業・機関データ、公開情報の収集
 調査対象:国内コネクテッドテレビ広告市場
 調査機関:株式会社デジタルインファクト
 出典:SMN/デジタルインファクト調べ

【関連記事】
SMNグループが新会社「SMNメディアデザイン」を設立 デジタルマーケティング事業強化へ
SMN、ヘッダービディングによるモバイルアプリとAMPページへの広告配信を開始
DOOH向け広告配信の一元管理を可能に SMN、LIVE BOARDと連携し新サービスを提供開始
SMN、コンバージョンに特化した成果報酬型DSP「VALIS-CPX」を提供
DNP、SMNと「DNPマーケットプレイス」を構築 出版社が運営するWebサイトを広告枠として提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5