SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

2021年における世界のIT市場は大きく成長すると予想 IT支出の成長率は4%【ガートナー調査】

 ガートナーは、バーチャルで開催された「Gartner IT Symposium/Xpo Americas」において、世界のIT市場の展望を解説した。

 同社の調査によれば、2021年の世界のIT支出総額は2020年から4%増の3.8兆ドルに達するという見通しだという。一方、2020年のIT支出総額は2019年から5.4%減の3.6兆ドルとなる見込みだ。

全世界におけるIT支出予測(単位:百万米ドル)
全世界におけるIT支出予測(単位:百万米ドル)

 IT支出は全セグメントにおいて、2020年に減少が見込まれている。2021年に最も力強い回復が見込まれるのは、業務アプリケーションやインフラストラクチャ・ソフトウェア、業種特化アプリケーションといったエンタプライズ・ソフトウェアだ(7.2%)。これは、パンデミックによる需要に確実に対応すべく、企業がリモートワークのサポート、遠隔学習、遠隔医療などの仮想サービスの提供やハイパーオートメーションを活用したりすることで、デジタル化の取り組みが加速するためだ。

 サーバやストレージなどのデータセンター・システムへの支出は、2021年には5.2%と2番目に高い成長を遂げる見込みだ。ハイパースケーラー(インターネットを介した情報へのアクセスを行う大手企業)がグローバル・データセンターの構築を加速させるほか、一般組織もデータセンターの拡張計画を再開し、スタッフの物理的なオンサイトへの復帰が見込まれると同調査では述べられた。

【関連記事】
企業のITテクノロジー予算が増加、マーケティングへの予算は削減される見込み【ガートナー調査】
ガートナー、「データとアナリティクスの取り組みを推進するために重視すべき12の役割」を発表
データの利活用からビジネス成果を十分に得ている企業は全体のわずか3%【ガートナー調査】
ガートナー、2018年版「日本におけるCRMのハイプ・サイクル」を発表 市場のトレンド・成熟度は?
デジタルマーケティングとテクノロジーに関する知識、企業の重要度低いことが明らかに【ガートナー調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/10/29 15:30 https://markezine.jp/article/detail/34710

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング