SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アイレップとセレブリックス、BtoBマーケティング・営業代行業務のワンストップ支援サービスを提供

 アイレップは、セレブリックスと提携。BtoBマーケティング・営業代行業務のワンストップ支援サービスの提供を開始した。

タップで拡大
タップで拡大

 アイレップは、SEM領域におけるデータを起点とした広告事業、ソリューション事業、クリエイティブ事業などのプランニングを展開。一方セレブリックスは、営業代行、営業コンサルティングなどのサービスを提供している。

 新型コロナウイルスの流行で、オフライン型の営業施策が十分に機能しない状態となり、オンライン型のマーケティング・営業手法に切り替えを検討する企業が増加している。しかし、営業部門の人員が不足している、思うように商談が進まない、マーケティングとセールス部門の連携が上手くいかないといった悩みを抱える企業は少なくない。

 これらを背景に両社は、同サービスをローンチ。両社の知見を掛け合わせ、インサイドセールス支援から、オンライン商談の支援までワンストップで提供。組織の営業体制や営業戦略の実現に向けた仕組みを強化する。これにより顧客企業は、BtoBマーケティング・営業代行業務の一元管理が可能だ。

【関連記事】
アイレップ、博報堂アイ・スタジオと「SEOとWeb制作 らくらくおまとめパック」を提供開始
アイレップと日本トータルテレマーケティング、ECを中心とした顧客対応のための「CXスタジオ」発足
アイレップ、Facebookショップに対応した「ソーシャルコマースワンストップサービス」を提供
アイレップのTEAM JAZZとGOが事業提携 統合マーケと社会視点のクリエイティブ開発を強化
アイレップ、ロカリオ、Shopify、アートトレーディングが「ECワンストップ支援サービス」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング