SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

動画マーケに求められる“量”と“リアルタイム性” Video BRAIN活用例に学ぶ成功への道筋

 コロナ禍をきっかけに非対面コミュニケーションが一気に加速し、動画マーケティングはますます重要視されるようになってきた。しかし、そもそも動画制作に割けるリソースが多くないなど、いまいち踏み出せていないという企業もあるだろう。オープンエイトが提供するインハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」はそうした課題に応え、ビジネスの成果向上を支援する動画制作ツールだという。その機能や活用事例について同社のカスタマーサクセスグループ 五十嵐憂子氏に伺った。

これからの動画活用に求められる“配信量”と“リアルタイム性”

――コロナ禍により企業と生活者のコミュニケーションは軒並み非対面、つまりデジタルへとシフトしました。デジタルコンテンツの利用など生活が便利になる中、動画を通じたマーケティングもより加速されると予測されます。御社では、動画マーケティングにおいて今後どのような変化が起きるとお考えでしょうか。

五十嵐:業種業界を問わず、動画による情報配信はより増えていくでしょうし、実際に様々な企業が関心を持っていると感じています。

オープンエイト カスタマーサクセスグループ 五十嵐憂子氏
オープンエイト カスタマーサクセスグループ 五十嵐憂子氏

五十嵐:各企業が大量の動画を配信するということは、ユーザーが見るべきものか取捨選択する機会が増えるということでもあります。特にSNSなどでは流し見されてしまうので、いかに届けたいターゲットに見てもらうか、覚えてもらうかが重要になってきます。そのためには、コンスタントに大量の動画を制作し配信していくことが必要です。

 また、広く浅く誰にでも刺さりそうなコンテンツではなく、自社の顧客一人ひとりに合わせたコンテンツを作ろうという動きもより進んでいくのではないかと思います。自社が狙っているユーザーに届いているのかということを細かく見ていき、PDCAを高速に回していくことが大切です。

誰でも簡単に動画制作ができる、Video BRAIN

――御社が動画マーケティングを支援するツールとして展開する「Video BRAIN」はどのような特徴を持つツールでしょうか。

五十嵐:初心者の方でも簡単に動画制作ができるツールです。手持ちの素材(テキストや静止画、動画)をアップロードするだけでAIのサポートにより誰でも簡単にクオリティの高い動画コンテンツを作成することができます。プロクリエイターが手掛けたデザインフォーマットも用途別に数百種類用意されているので、素材を入れ替えてテロップを入力するだけの簡単編集。ものの数分でできあがってしまいます。

テンプレートの一部
テンプレートの一部

五十嵐:動画編集経験がない方でも直感的に操作ができるようにデザインされており、まるでパワーポイントでスライドを作る要領で編集していくことができるのも、ご評価いただいているポイントの1つです。

 Video BRAINを使えば、従来は外注するか、専門知識を持つ人だけが専門的なソフトウェアを使って制作してきた動画制作を社内で誰もができるようになります。クリエイティブ職ではないマーケターや営業担当が自ら制作することも可能です。手直しも簡単なので、ABテストなども容易に行えます。

 以前は外注して動画制作をしていたけれども、内製化してコストの効率化を図るという目的でVideo BRAINを導入される企業は増加の一途を辿っています。定額料金なので、どれだけ活用してもコスト増とならないことが導入の決め手となっています。

リアルタイムな投稿でエンゲージメント数を5倍に

――Video BRAINを活用した動画マーケティングの事例と成果についてお聞かせください。

五十嵐:SNSでのシェア数などを伸ばした事例に、地方で活動する観光推進機構のお取り組みがあります。同社では、それまで外注で動画制作を行ってきたのですが、制作に時間がかかるためリアルタイムに土地の旬な情報を伝えることができないというジレンマをお持ちでした。担当されている方々は動画制作未経験でしたが、担当者自身がVideo BRAINで動画を作成することで、旬の情報をリアルタイムに配信できるようにしようと、Video BRAINを導入いただきました。

 現在は1ヵ月に4本ほどの動画を作り、FacebookやTwitterで配信されています。以前はテキストと写真のみの投稿でしたが、動画で配信するようになり、いいね!数やシェア数が増加し、Facebookについてはエンゲージメント数が5倍になりました。

次のページ
投稿数を増やしセッション数を130%に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

平田 順子(ヒラタ ジュンコ)

フリーランスのライター・編集者。大学生時代より雑誌連載をスタートし、音楽誌やカルチャー誌などで執筆。2000年に書籍『ナゴムの話』(太田出版刊)を上梓。音楽誌『FLOOR net』編集部勤務ののちWeb制作を学び、2005年よりWebデザイン・マーケティング誌『Web Designing』の編集を行...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング