SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

10月度CM放送回数ランキング/乾燥ケア、風邪薬など季節感あるCMが上位に【ゼータ・ブリッジ調査】

 ゼータ・ブリッジは、2020年10月度のテレビCM放送回数と、放送時間に関する調査を発表。以下、一部内容を紹介する。

放送回数のトップは9月に引き続き自動車保険に

 商品別ランキングでは、1位・ソニー損害保険「ソニー損保の自動車保険」、2位・チューリッヒ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド「スーパー自動車保険」 と、9月度と同じ結果に。その他、季節の移ろいを感じるCMが続いた。

 7位・参天製薬「ヒアレインS」は、乾燥が気になる季節に起こる目の乾きをケアする目薬。8位・興和「コルゲンコーワIB錠TXα」は、気温の変化から起こる風邪に対処する風邪薬だ。風邪薬は他にも、20位に武田コンシューマーヘルスケア「ベンザブロックプレミアム」がランクイン。13位・SmartHR「PC用ソフト SmartHR」は、これから企業で対応する年末調整に向けて、書類のペーパーレス化や煩雑なコミュニケーションを減らすなど生産性向上を訴求し、企業担当者の働き方改革を提案した。

 9月度に目立った格安スマホ3社からは、 12位・楽天「Rakuten UN-LIMIT V」が2ヵ月続けてランクイン。新料金プランの「Rakuten UN-LIMIT V」を提示し、さらなるユーザー獲得を狙った。一方、新たにランクインした商品の中で目立ったのは、5位・17 Media Japan「17 Live」。エリア別ランキングでも、名古屋10位、札幌6位にランクインし、全国的に大量出稿していた。

各エリアで寒い季節の到来を感じさせるCMが台頭

 エリア別の放送回数ランキングでは、東海旅客鉄道が大阪4位、名古屋7位にランクイン。「ひさびさ旅は、新幹線!旅は、ずらすと、面白い」というキャッチコピーを掲げ、コロナ禍における新たな旅の楽しみ方を提案した。その他、ガス給湯器の交換工事を行うキンライサーが大阪6位と福岡7位にランクイン。全国的に寒い季節の到来を感じさせる結果となった。

【調査概要】
調査主体:ゼータ・ブリッジ
調査期間:2020月10月1~31日
対象:全国地上波25局、BS放送6局
調査方法:動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムにて取得した放送履歴情報を基に調査

【関連記事】
CCCマーケティング、テレビCM出稿分析ツールを提供 25万人の視聴データと購買データを活用
広告主間でテレビスポット広告枠を組み換え、CM効果を向上 電通が「RICH FLOW」(β版)を開発
世界のCMO45%が、コロナ禍のCX戦略として新製品やサービスへ投資【電通アイソバー調査】
CMOの約3分の2が、マーケティング予算を削減か横ばいにする見通し【電通インターナショナル社調査】
今後DXが進むテレビCM出稿のプロセス、最多の回答は「結果振り返りと戦略アップデート」【サイカ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング