MarkeZine(マーケジン)

記事種別

企業公式Twitterの在り方とは?関西企業「中の人」が語り合う【MarkeZine Day】

2020/11/13 13:00

 MarkeZineは11月19日(木)・20日(金)、関西のマーケター向けに「MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai」をオンライン開催する。

 19日の17時10分から行われるセッション「企業公式Twitter“中のひとーく”関西企業編 SNS×エリアマーケティングの可能性」では、兵庫Twitter会の設立者兼代表者である向山氏をモデレーターに、同コミュニティに所属する「中の人」3名がパネリストとして登壇する。

 兵庫Twitter会は、2019年7月に兵庫県に所縁のある企業公式Twitter担当者らが設立。個々のアカウントが抱える課題やその解決策の共有、所属する企業同士のコラボ企画など、多くの試みを通じて互いの成長を促している組織だ。メンバー内の情報を共有・発信していくうちに、地元メディアにも取り上げられ、「企業公式アカウント」以外にも、地元の寺院やご当地ヒーローアカウントも加入。現在のメンバー数は約60社近くになっている。

 同セッションでは、これまで実践してきた取り組みや各人の運用経験、実績を通じ、企業公式Twitter運用における、事業への新たな貢献の可能性について語り合う。既にSNSマーケティングに関わっている方はもちろん、これから始めていく方にもおすすめのセッションだ。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
登壇セッション:企業公式Twitter“中のひとーく”関西企業編 SNS×エリアマーケティングの可能性
モデレーター:
シー・エス・ティー・エンターテインメント 『おたくま経済新聞』編集部 ライター 兼 オンラインコンテンツ事業部 マネージャー 向山 純平氏
パネリスト:
赤穂化成 マーケティング部 赤穂の天塩【公式】中の人
ラジオ関西 編成営業局 本社営業部次長 兼 デジタルビジネス推進室 青木 達也氏
こむらさき醸造 こむらさき醤油(お酢)【公式】中の人
日時:2020年11月19日(木)17:10~18:10
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

【関連記事】
【MarkeZine Day】WEBサイトを最小単位「Block」で管理する新しいサイト運用のカタチ
キーエンスの高収益を支える、データ活用のルールとは?/MarkeZine Dayニュース
フェリシモが明かす、強いブランドの作り方/MarkeZine Dayニュース
デジタルネイティブの消費の変化、マーケターはどう対応する?/MarkeZine Dayニュース
【MarkeZine Day】モノタロウが語るBtoBマーケ/新常態への適応力、その源泉とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5