SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第73号(2022年1月号)
特集「2022年の消費者インサイト」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

スイッチ・メディア・ラボ、スポットテレビCMのリーチを最適化するサービスをリリース

 メディアリサーチデータを提供するスイッチ・メディア・ラボは、スポットCM出稿時の参考データとして、放送局の予算配分ごとのトータルリーチを算出し提供するサービス「スポットCMリーチオプティマイザー(以下、SRO)」リリースした。

 「タイムCM(番組提供)」の効率化を測る指標として、一般的に番組料金あたりの視聴率(パーコスト)が用いられてきたが、近年では「認知」を上げるためのテレビCMの効果指標として「リーチ」を把握することが重要であると考えられている。

 一方、スポットCMにおいて「放送局ごとの予算配分のトータルリーチ」を調べることは難しく、根拠をもって放送局ごとの予算配分を決めづらいという課題があった。そこでSROは、スポットCMの「放送局ごとの予算配分」を考慮した上で、トータルリーチの最適解を提供するサービスを開始した。

 同サービスでは過去の出稿実績データをもとに、各放送局のスポット単価(GRPパーコスト)や出稿絵柄(全日、コの字など)といった広告主の条件をもとに、独自アルゴリズムでシミュレーションを行う。放送局シェアの中で、獲得できるトータルリーチが高い順番でランキング形式にて抽出していく。これによりにより広告会社は、リーチ指標でスポット出稿プランニングの提案ができる。また広告主は、リーチの重複がある状態でスポットCMを購入していないか可視化ができ、根拠をもってバイイング可能だ。

 今後は「放送局ごとの予算配分」だけではなく、「絵柄(全日、コの字など)の最適化」への対応を予定しいる。将来的には、TRO(タイムCMリーチオプティマイザー)と組み合わせて、タイムCMとスポットCMの予算を合わせて最適化するサービスの展開を考えている。

【関連記事】
テレビ視聴ログを基に番組視聴者にアンケート調査を実施 スイッチ・メディア・ラボがサービスを開始
テレビ視聴時間の伸び率が最も大きいのは20~24歳/スイッチ・メディア・ラボ、コロナの影響を調査
スイッチ・メディア・ラボ、 「番組ターゲットインデックス」を提供開始 テレビ番組の視聴者特性を可視化
スイッチ・メディア・ラボ、テレビ視聴データをBIツール等と連携する新サービスを開始
スイッチ・メディア・ラボ、タイムCMの最適な組み合わせをシミュレーションする新サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/11/16 16:30 https://markezine.jp/article/detail/34876

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング