MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ビジネスフレームワークツール「BizMake」、チーム内の同時閲覧・同時編集の新機能を追加

2020/11/16 16:45

 ITサービスの提供を行う東京システムハウスは、ビジネス構想の整理・共有ができるWebサービスBizMakeのアップデート版をリリースした。

 BizMakeとは、経営戦略や事業計画の現状分析を行う際に使用する「SWOT分析」やスタートアップ時に役立つ「リーンキャンバス」などのフレームワークがWeb上に用意されており、書き込み、ドラッグアンドドロップで並べ替えることにより、戦略立案や思考の整理・可視化ができるWebサービス。全20種類のフレームワークからシーンに合わせて利用可能だ。

 また、作成したデータを他者に共有・同時編集できるためコミュニケーションコスト削減にもつながる。主なアップデート機能は以下の通り。

1.同時編集機能・ホワイトボード機能β版

 自身で整理したフレームワークをBizMakeユーザーに共有できる機能と複数人でリアルタイムに編集できる。アイデアに付箋を貼る感覚で、自身の意見を共有することができ、より戦略を洗練させることが可能だ。余分な機能を省いたシンプルな仕様のため、ディスカッションに専念することができる。

【利用シーン】
・チームにビジョン、戦略を共有するとき
・チームでアイデアを考えるとき
・オンライン商談でコミュニケーションを図るとき
・オンラインワークショップのときetc.

2.カスタマージャーニーマップの追加

 カスタマージャーニーマップとは、顧客が商品を購入するまでの一連の行動を可視化したもの。作成することで顧客像をより深く理解できるため、マーケティング施策や商品企画に活かすことができる。

【関連記事】
Repro、アプリストア最適化の工数を削減するツール「ASO Insight」をリリース
CCCマーケティング、テレビCM出稿分析ツールを提供 25万人の視聴データと購買データを活用
コーセー、Instagram版SEO分析ツール「AISIGHT(アイサイト)」を導入
電通デジタル、デジタル広告の「最適な表示回数の上限」を算出するツールを提供開始
SNSの貢献度可視化する分析ツール「DATAFLUCT insight-search.」がリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5