SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アジトの「Databeat Explore」、Google スプレッドシートへのデータ出力を強化

 アジトは、マーケティングデータを可視化、分析できる「Databeat Explore」において、データの出力先の一つであるGoogle スプレッドシートへのデータ出力を強化し、Google スプレッドシートでの広告データの可視化、分析、レポーティングをより柔軟に行うことを可能にした。

 Databeat Exploreは、Google 広告やYahoo!広告、Facebook広告などの主要な広告プラットフォームのデータを自動で収集・統合し、Google データポータルなどのBIツールやGoogle アナリティクスにデータを出力できるサービス。

 今回強化されたGoogle スプレッドシートへのデータ出力は、Databeat Exploreで自動生成されるカスタムクエリを使って行うことが可能になる。

 Google スプレッドシートにカスタムクエリの登録を行えば、毎日のデータ更新の自動化やデータ出力期間の変更をリアルタイムに反映させることが可能に。広告データの可視化、分析、レポーティング以外に日々の広告管理に利用することもできる。

 具体的には、Databeatメニューから登録されたカスタムクエリを実行して、データを出力することができるほか、BigQueryデータコネクタであるコネクテッド シートを使って、数十億行にのぼるデータにスプレッドシートからアクセスし、データの可視化、分析、共有を行うこともできる。

【関連記事】
アジトのDatabeat Explore、データの出力先にGoogleアナリティクスを追加
アジトのDatabeat Explore、40以上の広告プラットフォーム・媒体のデータ取り込み可能に
KARTE Datahub、クラウド型データ統合プラットフォーム「Xplenty」との連携を開始
電通デジタル、データ統合×AIで事業成果を最大化する「X-Stack」の提供を本格的に開始
スリーシェイクとアドビがパートナーシップを締結 Marketo Engageの外部システム連携を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング