MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アジトの「Databeat Explore」、Google スプレッドシートへのデータ出力を強化

2020/11/25 12:15

 アジトは、マーケティングデータを可視化、分析できる「Databeat Explore」において、データの出力先の一つであるGoogle スプレッドシートへのデータ出力を強化し、Google スプレッドシートでの広告データの可視化、分析、レポーティングをより柔軟に行うことを可能にした。

 Databeat Exploreは、Google 広告やYahoo!広告、Facebook広告などの主要な広告プラットフォームのデータを自動で収集・統合し、Google データポータルなどのBIツールやGoogle アナリティクスにデータを出力できるサービス。

 今回強化されたGoogle スプレッドシートへのデータ出力は、Databeat Exploreで自動生成されるカスタムクエリを使って行うことが可能になる。

 Google スプレッドシートにカスタムクエリの登録を行えば、毎日のデータ更新の自動化やデータ出力期間の変更をリアルタイムに反映させることが可能に。広告データの可視化、分析、レポーティング以外に日々の広告管理に利用することもできる。

 具体的には、Databeatメニューから登録されたカスタムクエリを実行して、データを出力することができるほか、BigQueryデータコネクタであるコネクテッド シートを使って、数十億行にのぼるデータにスプレッドシートからアクセスし、データの可視化、分析、共有を行うこともできる。

【関連記事】
アジトのDatabeat Explore、データの出力先にGoogleアナリティクスを追加
アジトのDatabeat Explore、40以上の広告プラットフォーム・媒体のデータ取り込み可能に
KARTE Datahub、クラウド型データ統合プラットフォーム「Xplenty」との連携を開始
電通デジタル、データ統合×AIで事業成果を最大化する「X-Stack」の提供を本格的に開始
スリーシェイクとアドビがパートナーシップを締結 Marketo Engageの外部システム連携を支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5