SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

オプト、LINEの配信ツール「TSUNAGARU」に「UID統合分析機能」を追加し正式リリース

 オプトの提供するLINEのMessaging API配信ツール「TSUNAGARU(ツナガル)」は「UID統合分析機能」を実装し、正式にリリースした。同機能は、すでにトライアル版で提供しているものだ。また、LINEの法人向けサービスの販売・開発パートナーを認定する「LINE Biz Partner Program」の「Technology Partner」カテゴリーにおいて「Measurement」の認定バッジを取得している。

 現在、LINEのMessaging API配信ツール内のユーザーデータは、すべてUser IDによって管理されている。しかし、活用する機能ごとにユーザーデータの格納場所が異なっていることが多い。そのため、分析のたびに施策内容に合わせて各機能からユーザーデータを統合した後に分析する必要がある。

 こうした場合、分析するまでに時間と手間がかかるだけではなくユーザーの一部の行動や性別・年齢などといった表面的なデモグラフィック情報だけを参考にしたコミュニケーション設計になることが多く、企業様のマーケティング上の課題となっていた。

「UID統合分析機能」を活用した事例
「UID統合分析機能」を活用した事例

 今回、正式にリリースした「UID統合分析機能」を活用することで、分析のたびに施策内容に合わせたユーザーデータの統合は不要となる。また各機能のユーザーデータの統合により企業様はデータの分析・可視化が可能となり、ユーザーロイヤルティを高めるLINE活用が実現できる。

 また「UID統合分析機能」を利用する際にはオプトの専任コンサルタントが企業ごとの課題に合わせ、分析、戦略設計、施策設計、実行、効果検証まですべての支援を行っていく。

【関連記事】
オプト、D2Cビジネス支援サービスを提供開始 SNSとECを掛け合わせたソーシャルコマースを支援
オプトとSO Technologies、デジタル人材教育支援に向けてeラーニングカリキュラムを開発
オプト、CX改善サービスを提供 企業活動の診断を基に、戦略立案からデジタル人材育成まで一気通貫で支援
オプトとGRCSが協業開始 個人情報データの管理およびプライバシー保護の体制構築の支援へ
LINE公式アカウントにユーザーが無料通話をかけられる「LINEコール」が提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング