SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

「SNS流行語大賞2020」の結果を発表 第1位は「StayHome/おうち時間」

 イー・ガーディアンは、Twitter上で2020年に頻繁に使用されたフレーズを独自で調査し「SNS流行語大賞 2020」(2020年1月1日~2020年11月11日)の結果を発表した。また、流行語を「モノ」「ゲーム」「アニメ・漫画」「食べ物」などにカテゴリー分けした部門ごとのランキングも合わせて公開した。

 2020年度最も多く投稿された(バズった)ワード第1位は「StayHome/おうち時間」となった。第2位は「アベノマスク」、第3位は「アマビエ」と続いた。

 第1位となった「StayHome/おうち時間」は、新型コロナウイルスに見舞われた今年を象徴するワードとして、日本国内だけでも2,400万件超の圧倒的な話題量を記録した。StayHome/おうち時間で分割しても1,000万件を超える投稿数で1位となった。個人だけではなく、企業もキャンペーンなどで積極的に利用しており「StayHome」における「おうち時間」の楽しみ方や暮らしの工夫など、ポジティブな発信が多く見られた。

 第2位の「アベノマスク」は当初、皮肉的な意味合いで使われていたが、語感の良さからキャッチーな呼称として定着した。

 第3位にはコロナ禍における「疫病退散」のマスコット的存在として、Twitterをきっかけに人気が急上昇した「アマビエ」がランクイン。今では厚生労働省の啓発マスコットに採用されるなど、世間的に広く認知されるようになった。

 7位「エアコミケ」、10位「うちで踊ろう」とSNSでは「おうち」での時間にポジティブに向き合った投稿が拡散されていたようだ。その他「モノ」「ゲーム」「アニメ・漫画」「食べ物」の各部門において2020年にSNS上で投稿されたワードの結果は以下の通り。

【関連記事】
「SNS流行語大賞2020」ノミネート語を発表 頻繁にTwitterでつぶやかれたワードとは?
イー・ガーディアン、「SNSリスク投稿対策サービス」提供 SNS上のパトロールや証拠収集等を実施
CCIとイー・ガーディアン、広告・マーケに特化したBPO業務を支援する合弁会社を設立
掲示板やSNS上の書き込みを収集&分析 イー・ガーディアン、「ソーシャルメディアアナリシス」を提供へ
SNS上のクレームに自動対応!イー・ガーディアン「ゲーム向けアクティブサポートサービス」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング