SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通PRとBitStar、インフルエンサーとの共創で企業情報の流通を加速させるプログラムを提供

 電通パブリックリレーションズ(電通PR)は、インフルエンサーマーケティング事業を展開するBitStarと「ソーシャル・コンテンツ・クリエイション」プログラムを共同開発。提供を開始した。

 同プログラムでは、各ソーシャルメディアで活躍するインフルエンサーの協力を得て、クリエイター独自の視点でコンテンツを制作。情報を拡散させる。

 具体的な内容は以下のとおり。

インフルエンサーによるコンテンツの広告活用

 インフルエンサーが制作したコンテンツをソーシャルメディア等の広告に活用。コンテンツは、新規制作も可能だ。

インフルエンサーによる共同PR調査

 インフルエンサーのフォロワーに対して、ブランドの好意度や具体的なイメージについてアンケートやライブ配信を用いて調査。調査結果は、インフルエンサーマーケティングの施策への活用に加え、プレスリリースやオウンドメディアの調査データとしても活用できる。

インフルエンサーによるコミュニケーションコンサルティング

 企業・団体による、インフルエンサーとのコミュニケーション(例:イベント招致、サンプリングなど)において、インフルエンサーの視点を踏まえたコミュニケーションコンサルティングを実施。インフルエンサーをより効果的に施策に巻き込む。

【関連記事】
UUUMが新インフルエンサーコマース事業を始動 国内外246のブランド・ディベロッパーと協業
アソビシステム、インフルエンサー支援・マーケティング支援のための新組織「ASOBI+」を設立
電通テック、「インフルエンサーコマースソリューション」を提供 ライブコマースの売上拡大を支援
For you、Instagramの「リール」に対応したインフルエンサーPRメニューを提供開始
WoW JAPAN、リグラフィティと業務提携 インフルエンサーの相互提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/09 12:15 https://markezine.jp/article/detail/35063

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング