SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Glossom、アプリの継続的な売上成長を支援するプロジェクト「Project Blossom」始動

 Glossom(グロッサム)は、アプリの継続的な売上成長にコミットするプロフェッショナルチームによる収益化支援プロジェクト「Project Blossom(通称:プロブロ)」を始動した。

 昨今、個人情報保護強化が進み、ユーザーのプライバシーを正しく管理することが重要視されている。直近では、AppleがIDFA(※1)の使用制限を実施。これにより、ユーザーターゲティングを収益化の肝とする広告テクノロジーにおいては、マーケティング精度を担保することが難しくなり、多くのアプリの広告収益が低下すると予想される。アプリの収益化においては、従来のプログラマティックな広告テクノロジーの利用に加え、幅広い収益化方法の可能性を視野に入れた上で、自社のアプリやユーザーにマッチした施策を実行し、素早いPDCAでアプリごとの最適解を見つけることが課題となりそうだ。

 同社はこれらを背景に、「Project Blossom」を発足。各アプリが直面する課題に向き合い、最適な収益化施策の提案と実行をサポートする。具体的には、オファーウォールアドプラットフォーム(※2)「GREE Ads Reward」を始めとして、複数のマーケティングプロダクトのデータを横断的に分析することで、各アプリに最適な収益化施策を提案。また、約1万のアプリ収益化支援を行ってきた小室氏を筆頭に、実績を持つメンバーが、それぞれのアプリの課題やユーザーに沿った収益化施策を提案する。

写真、左から小室喬志氏、安部公輔氏、池田大地氏、久保田佳実氏、上西智彦氏
写真、左から小室喬志氏、安部公輔氏、池田大地氏、久保田佳実氏、上西智彦氏

※1 IDFA(Identifier for Advertisers):Apple社がユーザーの端末にランダムに割り当てるデバイスID

※2 オファーウォール:アプリ内で利用可能なポイント・コインをユーザーに付与することができる専用の広告掲載ページ

【関連記事】
Glossomとオプトが協業 データ活用を通じてデジタルメディアの価値向上支援を強化
Glossom、グリーの複数メディアを活用したマーケティング施策を提供 インフルエンサーのアサインも
グリー子会社のGlossom、スマホアプリ向けSSPをZucksのアドネットワークと連携
エリアごとにアプリ利用特徴を抽出 フラーと野村総合研究所、アプリのユーザー属性分析サービスを共同開発
AdjustがAdobeと技術連携 アプリマーケティング計測や不正防止、レポート機能を強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング