SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ベクトルが新会社「Liver Bank」設立 ライブ配信領域を中心としたコミュニケーションDXを推進

 ベクトルは、ライバーマネジメントやライブコマースのサポートを主軸とするライブ配信コミュニケーションのプロデュース事業をはじめ、ライブ配信を軸としたファンコミュニティプロデュース事業等もあわせて提供する新会社「Liver Bank」を設立した。

 新会社では、「ライバーマネジメント事業」「インフルエンサーマーケティング事業」「ライブ配信スクール事業」「ファンコミュニティシステム事業」を主に展開する。

 ライバーマネジメント事業では、これまでグループで展開してきたライバーマネジメント事業「pino live」を継承。次世代のインフルエンサーとしてライバーを育成すると共に、ライブコマースのような、ライバーが活躍できる環境の幅を拡大し、ライバーの社会的地位の向上を目指していく。

 インフルエンサーマーケティング事業では、ライバーに限らず各種SNS等を活用して活躍するインフルエンサーをネットワーキング。それらを基軸とし、クライアント企業のインフルエンサーマーケティングやライブコマースにおいて活用いただけるようなプロダクト開発を始め、プランニングカンパニーとしてサービスを展開する。

 ライブ配信スクール事業では、With/Afterコロナの時代における、オンライン講習を基軸としたスクールを、ライブ配信システムを活用した形で展開していく。

 ファンコミュニティシステム事業では、タレントやアーティストのオンラインコミュニケーションにおけるエンゲージメントを向上させるようなファンコミュニティシステムを開発、提供していく予定だ。

 Liver Bankでは、このような事業展開を通し、ライバーおよびライバーを志す人がライブ配信を継続して展開できるノウハウと環境を提供し、共創を行う。またクライアント企業に対し、ライブ配信を活用したコミュニケーションにおいて、継続的にエンゲージメントを高められるよう包括的にサポートし、生活者とのコミュニケーションにおけるDX化の一手としてサービスを提供していく。

【関連記事】
TRILL、PayPayモール連動型のインスタライブを開始 第1弾は「ファンケル」と実施
有料オンラインライブ、「視聴経験あり」は18% リアルへの集客効果も?/クロス・マーケティング調査
社員を「ショップライバー」に育成 神谷製作所とテイラーアップ、ライブ販売⽀援ソリューションを提供開始
meycoと中国メディア「SaltSweeet」が業務提携 ライブ配信から越境ECまで幅広い支援へ
Instagramライブの配信が最大4時間に ライブ動画をアーカイブする新機能も発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/18 13:45 https://markezine.jp/article/detail/35166

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング