SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Yahoo!ショッピング、出店審査基準などの情報を開示

 ヤフーは、「Yahoo!ショッピング ストア運用ガイドライン」の改訂を発表した。

 同社は、2020年4月に設置した、外部の有識者で構成される「デジタルプラットフォーム事業者情報開示の在り方検討会」より、オンラインモールの情報開示などを促す提言書を8月に受領。これを受け同社は、自主的な取り組みとして「Yahoo!ショッピング」の出店審査基準を明確化した。

 「Yahoo!ショッピングストア運用ガイドライン」の主な改定内容は以下のとおり。

▼ユーザーの状況に寄り添ったカスタマーサポートの向上のため、回答内容の充実とスタッフ教育を強化

 「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」における顧客対応の考え方、行動規範などをまとめた「クレド」を新たに策定。カスタマーサポートに携わるスタッフへの教育を実施した。また、ストア向けの対応、顧客向けの対応ともに見直しを図った。

▼「Yahoo!ショッピング」「PayPayモール」にて開示している顧客向け・ストア向けの「おすすめ順について」の記述について、背景や理念を明確化して補足

 2020年9月、顧客向けのヘルプページに「おすすめ順について」の詳細な説明を追記した。

【関連記事】
ヤフー・データソリューション、「日本関心度マップ」を公開 都道府県別の関心度や変化を可視化
ヤフー、2020年度上半期は約1億1千万件の広告素材を非承認に/広告サービス品質に関するレポート
ヤフーのビッグデータと自社データを組み合わせて分析・活用できる「DS.API」が提供開始
ヤフー、アドフラウド排除とブランドセーフティ制御を強化する「リアルタイム不正解析機能」を導入
ヤフー、広告サービス品質に関するレポートを公開/2019年度は約2億3千万件の広告素材を非承認に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2020/12/22 16:30 https://markezine.jp/article/detail/35191

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング