SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

BICPがニューヨークオフィスを開設 レポートとコンサルティングを組み合わせたサービスを提供開始

 ベストインクラスプロデューサーズ(以下、BICP)は、米国市場における生活者理解、社会・経済の動向、最先端の技術・ビジネスの観察・分析と、グローバルな地政学の視点に立った未来予測をもとに、日本企業の支援を行う目的で、BICPニューヨークオフィスをサテライト拠点として開設し、営業を開始した。

 BICPグループでは、マーケティング戦略、データ活用戦略、チームビルディングをコアコンピタンスとして、日本国内の市場における顧客企業の支援を行ってきた。今回のニューヨークオフィス開設により今後は、米国市場の動向観察・分析により、日本国内に閉じない市場拡大、イノベーション推進など、日本企業の国際的競争力の強化を支援していく。

 また、設立にあたり、デジタルインテリジェンス(以下、DI.)にて取締役を務めた榮枝洋文氏がニューヨークオフィスの代表に就任。同時に、DI.より「MAD MAN Monthly Report」の事業譲渡を受け、ニューヨーク発のレポートとコンサルティングを組み合わせたサービスの提供を開始した。

BICPニューヨークオフィスの代表に就任した榮枝洋文氏
BICPニューヨークオフィスの代表に就任した榮枝洋文氏

 榮枝氏は、英WPPグループ傘下にて日本の広告会社アメリカ法人CFO兼副社長の後、デジタルインテリジェンス取締役を経て、2021年よりBICPのニューヨークオフィス代表に就任。マーケティング支援企業の欧米・中国の事業戦略部門における、現地での法人マネジメントにおいて20年の経験を持つ。現在はニューヨークを拠点として北米における米系スタートアップとのシンジゲート連携から、日本における欧米トレンドを踏まえた事業コンサルティングを提供している。

【関連記事】
W+K東京オフィスのマネージング・ディレクターに、元R/GA Tokyoの鈴木洋介氏が就任
サイバー・バズ、サスティナブルに特化したD2C事業を開始 ディレクターとしてモデルのローラ氏が就任
Braze日本法人代表に元アドビの菊地真之氏が就任 日本企業のブランド体験最適化の支援へ
Zeals、元CAの渡邊大介氏が執行役員に就任 マーケティング・セールス・採用領域を強化
エンバーポイント、新CEOに元すかいらーくの神谷勇樹氏が就任 リノシスの株式取得にも合意

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング