SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

カクテルメイク、リチカに社名変更 動画生成スマートエンジン「RICHKA」もリブランディングへ

 カクテルメイクは、2020年12月21日をもって「株式会社リチカ」へ社名変更をした。また、同社サービスである「RICHKA(リチカ)」は、成果フォーカスの動画コミュニケーション開発ツール「RICHKA CLOUD STUDIO(リチカクラウドスタジオ)」へとリブランディングしていく。

 同社は、これからの時代は伝えたい想いを最適な形で届ける「リッチコミュニケーション」が、ますます求められるようになると考え、“リッチ化”という語源をもつ「リチカ」へと社名変更するに至った。

 リチカクラウドスタジオは、最短1分で誰でも簡単に動画などのコミュニケーションを生み出すことが可能だ。20万本の動画生成を行ってきた当社の豊富なデータから、効果的なコミュニケーションフォーマットを自動で提案する機能も備わっている。今後は、動画の領域だけでなく様々なツールを継続的に追加していく予定だ。

【関連記事】
ブランディングテクノロジーとカクテルメイクが業務提携 中小企業の動画活用を支援
カクテルメイク、効果的な動画広告のクリエイティブを制作できるフレームワーク「AIBAC」を発表
カクテルメイク、動画広告の自動生成ツール「RICHKA」で広告代理店向けのパッケージを開始
動画生成スマートエンジン「RICHKA」、AIナレーション機能が追加 
ワン・パブリッシングが動画生成スマートエンジン「RICHKA」を導入 動画のインハウス化へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/01/06 16:30 https://markezine.jp/article/detail/35238

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング