SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!広告活用の今を追う(PR)

Yahoo!広告の運用・分析の利便性を格段に上げる「統合レポート」「MCC」とは?

 ヤフーはYahoo!広告 ディスプレイ広告(以下、ディスプレイ広告)のリニューアルに合わせ、広告運用の効率化、効果の最大化を目的に新たに「統合レポート」と「MCC(マイクライアントセンター)」をリリースした。両リリースに携わったヤフーの林氏と小山氏に、提供背景と広告運用者が得られるメリットについて聞いた。

2つのレポートで全体最適に向けた分析を支援

MarkeZine編集部(以下、MZ):今回ヤフーがディスプレイ広告のリニューアルに合わせて提供を開始した、統合レポートとは何か教えてください。

林:統合レポートは、Yahoo!広告における認知から獲得までの広告効果を可視化し、アクション策定からプランニングまでをサポートできるレポートです。

ヤフー株式会社 メディア統括本部 広告プロダクション本部 Client Data Product部長 林 美知延氏

MZ:これまでのレポートとはどう違うのでしょうか。

林:これまでのレポートは、広告効果を広告プロダクトごとに出していました。そのためプロダクトごとに個別化されたレポートを出す必要があり、広告運用者の皆様に負担をおかけしていました。しかし、今回のディスプレイ広告のリニューアルによって、認知・ブランディングに強い「ディスプレイ広告(予約型)」(以降、予約型)と獲得に強い「ディスプレイ広告(運用型)」(以下、運用型)が同じプラットフォームで提供できるようになり、統合したデータからプロダクトを横断したYahoo!広告全体での広告効果の分析が実現しました。

 これにより、広告の成果を総合的に判断し、全体最適に向けた運用が可能になったことが、これまでのレポートとの大きな違いです。

MZ:では、具体的にはどのようなレポートを提供していくのでしょうか。

林:現在は大きく2つのレポートを提供しています。1つは「横断リーチレポート」です。こちらは、複数のキャンペーンやキャンペーン目的を選択いただくことで、対象ごとや対象間で重複しているビューアブルインプレッション、クリック、コンバージョンのユニークユーザー数を確認できるレポートです。これにより、予約型と運用型でそれぞれどれだけのリーチが獲得できているかだけでなく、どれだけ重複していたのかがわかります。

林:もう1つは「コンバージョン経路レポート」です。こちらでは、インターネットユーザーがコンバージョンに至るまでの広告への接触と行動を時系列に確認できます。これまでのレポートはラストタッチにのみコンバージョンがひも付いていましたが、コンバージョン経路レポートではラストタッチ以外の広告効果も可視化することができます。

 これにより、これまでデータが個別化したレポートで判断しにくかったYahoo!プレミアム広告の効果も、後継の予約型では間接貢献という形で評価できるようになりました。

重複リーチの把握で予約型の活用がしやすくなる

MZ:統合レポートの提供によって、レポートの使い方も変化していくと思うのですが、おすすめの使い方などはありますか。

林:一例ですが、ダイレクトレスポンスが中心で運用型をメインで活用している広告主の皆さまでしたら、見込み顧客を増やしていくために認知・ブランディング目的で予約型を出稿いただき、その際の効果計測を横断リーチレポートで見ていただくと良いと思います。

 重複リーチがわかるようになったことで、予約型を利用してどれだけ新規層が掘り起こせるのかが一目でわかるため、ダイレクトレスポンスをメインとした広告主の皆さまも課題とされることの多い、潜在層へのアプローチが行いやすくなるのではないかと思います。

MZ:統合レポートの登場で、ダイレクトレスポンスをメインとした広告主の方も、予約型での潜在層へのアプローチが行いやすくなったのではと思います。その他に統合レポートによって新たにできるようになったことはありますか。

林:また、これまで提供していたリーチレポートでは、直近7日間や直近30日間など決まった期間でしか計測できませんでしたが、横断リーチレポートでは任意の期間(※)でユニークユーザー数を確認できます。つまり広告主の皆様が計測したい期間で広告効果を可視化することが可能です。

(※)選択できる期間は最大で90日間です。

MZ:「予算を多く投じていた期間だけ」「テレビCMを放映していた期間だけ」など、さまざまな区切りで広告効果を見たい方もいると思うので、期間設定ができるのは便利ですね。

次のページ
Yahoo!広告の運用が便利になるMCC

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Yahoo!広告活用の今を追う連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/08 10:00 https://markezine.jp/article/detail/35264

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング