SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

NRIデジタル、D2Cビジネスの立ち上げと改善を支援する「D2C OnBoard」を提供開始

 NRIデジタルは、企業のD2Cビジネスをワンストップで支援するサービス「D2C OnBoard」(ディーツーシー・オンボード)の提供を開始した。

 同サービスは、グローバルで多数の実績がある6つのSaaS/PaaS製品(Shopify、KARTE、Google Cloud、HubSpot、New Relic、trocco)を適宜組み合わせ、必要な設定をしたウェブサイトとして一体的に提供するもの。ECサービスに加え、デジタルマーケティング、データアナリティクスのための機能も備える。

D2C OnBoardで提供する主な機能
D2C OnBoardで提供する主な機能

 サービス提供のプロセスは、「ビジネス要件ヒアリング」「D2Cサービス設計」「ビジネスKGI/KPI設計」「D2Cサービス構築」「KGI/KPIモニタリング」となる。

D2C OnBoard提供プロセス
D2C OnBoard提供プロセス

 これにより導入企業では、D2Cビジネスの実現方式の検討やツールの選定にかける時間を省略し、短期間・低コストでビジネスを立ち上げることが可能に。データアナリティクスに基づいた事業の価値検証(売り上げ分析、ユーザー行動の把握や、アンケートの実施・顧客理解等)と成長のための改善に、自社リソースを集中することができる。

 なお、サービス導入後、継続的に、NRIデジタルがデジタルマーケティングなどの側面からD2Cビジネスの成長を支援することも可能。また、D2Cビジネス立ち上げの前段階であるDX戦略策定やD2C事業探索を支援することも可能となる。

【関連記事】
データ活用、D2C、BtoB、テレビなど2021年の注目領域を徹底解説! 定期誌第61号で特集
D2Cの先駆者「FABRIC TOKYO」が紐解く、ニューノーマル時代の店舗の在り方【参加無料】
Barriz、D2C事業者向けにAmazonにおけるスタートアップパッケージの提供を開始
ADK、and marks、アプセルの3社、D2C/DX支援パッケージを提供 ブランド立ち上げ後押し
サイバー・バズ、サスティナブルに特化したD2C事業を開始 ディレクターとしてモデルのローラ氏が就任

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング