SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ソウルドアウト、データ統合・可視化するBI設定サービス「SO カシカ」のデータ連携先を拡充

 ソウルドアウトは、同社が中小・ベンチャー企業向けに提供するBI設定サービス「SO カシカ」において、データ連携先を拡充し、サイト解析データやCRM・SFAツールなどの各種データの取得、およびBI設定を可能に。また、新たにデータ取得管理ツール「SO カシカ Dataconnect」の提供を開始した。

 SO カシカは、企業内にあるマーケティング、セールス、経営などの各領域のデータを、BIツールで可視化するサービス。データ接続・設定・提供・運用までを支援している。

 今回のサービス拡充により、これまで連携を可能としていた広告媒体データ(Yahoo! JAPAN、Google、Facebookなど)に加え、企業のSNSアカウント(Facebook・Instagram、Youtube)、サイト解析(Google Analytics)、SEO解析(Google Search Console)、CRM・SFAツール(Salesforce、kintone、HubSpotなど)のデータ取得が可能となる。

 これにより、広告と広告以外のデータを統合して可視化することで、適切な予算配分を可能にし、より効率的なマーケティング活動を支援する。

 一方、新たに提供するSO カシカ Dataconnectは、CSVなどの任意のテキストデータを選択し、SOカシカデータウエアハウスへアップロードする機能を備えたデータ取得管理ツール。

 同ツールの活用により、顧客のチャネルごとのデータや事業データを、顧客自身で容易にアップロードすることが可能に。追加した事業データとマーケティングデータ(広告・広告以外)を掛け合わせた分析も可能になるため、オンライン行動履歴のみを基準とした媒体評価だけではなく、その後の契約・売上などへの貢献度をもとに媒体評価をすることが可能になる。

【関連記事】
BIツールの導入から運用までトータルで支援 DACが「BIMasters」を提供開始
プレイド、KARTE DatahubがBIと機械学習の機能を追加 データの蓄積と活用をシームレス化
ソウルドアウト、中小・ベンチャー企業向けのBI設定サービス「SO カシカ」をリリース
ノバセルがオプト、ソウルドアウトとともにデジタル広告とテレビCMの統合プランニング支援へ
ソウルドアウトのデータフィードマーケティング支援ツール、LINEショッピングと連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/05 11:45 https://markezine.jp/article/detail/35463

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング