SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

売上・集客UPにつながるAR活用と成功事例/2021年コロナ禍、有効なBtoC施策とは【参加無料】

 MarkeZineは、2021年3月2日(火)~3月4日(木)の3日間にわたり、「MarkeZine Day 2021 Spring」をオンラインにて開催する。当日はマーケティング業界の様々なテーマを取り上げ、50を超えるセッションを催す。

 3月3日(水)の15時30分から行われるセッション「2021年にBtoC企業が取り入れるべき売上・集客UPに繋がるAR活用と成功事例」では、スターティアラボの山内 大氏が登壇する。

 新型コロナウイルス感染症の影響が続いている今、オフラインでのイベント開催や、店舗での販売に注力していた企業は、ニューノーマル時代に対応した新しいカタチのプロモーション施策に転換せざるを得ない状況にある。

 本セッションでは、スターティアラボにおいて企業のWebマーケティング領域の総合支援に携わる山内氏が登壇。コロナ禍に有効な「非接触型」イベント施策や「体験価値」を活かしたSNS連携型の企画、「商品の販売促進」施策を行った企業の成功事例、成功するためのポイントを紹介する。

 これまでオフライン施策に比重を置いていたBtoCマーケターやブランド担当者だけでなく、オンライン施策に新たな切り口を得たい企業にもおすすめのセッションだ。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2021 Spring
登壇セッション:2021年にBtoC企業が取り入れるべき売上・集客UPに繋がるAR活用と成功事例
登壇者:スターティアラボ株式会社 デジタルプロモーション事業部 マネージャー 山内 大氏
日時:2021年3月3日(水)15:30~16:45
会場:オンライン開催
参加費:無料(事前登録制)

【関連記事】
マクロミル、各種広告媒体で活用できる「コロナセグメント ターゲティング」を提供開始
丸亀製麺がコロナ禍から業績回復を早めた策とは/安心認知戦略とテイクアウト算入の裏側【参加無料】
GO、コロナ禍で困窮する企業をアイデアで支援 緊急事態宣言延長により「プロブレ」の無償提供を再開
コロナ禍により増えた自由時間の使い方、「テレビ視聴」と「動画視聴」が拮抗/Mediabrands調査
withコロナ時代の消費者を分類 マクロミルが「With COVID-19 Segment」を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/02/09 11:15 https://markezine.jp/article/detail/35487

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング