SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

コロナ禍の出稿も安心! LIVE BOARDが実現した、無駄打ちしない“人”起点のDOOH広告

 コロナ禍で生活環境が目まぐるしく変わる中、その時々の状況に合わせて広告を出稿し、その効果を可視化したいというニーズが高まっている。DOOHを提供するLIVE BOARD(ライブボード) は、NTTドコモの携帯電話ネットワークの運用データなどを基にしたモバイルデータ を活用することで、インプレッション(視認者数)ベースの最適な広告枠の販売を実現。人の流れが読みにくい状況でも、安心して出稿できる環境を提供している。同社 代表取締役社長の神内一郎氏にサービスの詳細をうかがった。

“ステイホーム”がDOOHにもたらした影響は?

――新型コロナウイルスの影響が長期化し、昨年に引き続きステイホームが呼びかけられています。人々の外出機会が減っていることで、「DOOHに出稿することに不安がある」という広告主の声もあるのではないでしょうか?

神内:確かに昨年の緊急事態宣言下では、繁華街から人がほとんどいなくなった様子が多く報道されていました。しかしデータを見ると、人々がまったく外に出なくなったということではなく、ニューノーマルな生活スタイルに沿って、密にならないよう適度な距離を保ちつつ行動するようになっているという理解が正しいのかもしれません。

――なるほど。詳しく教えてください。

神内:NTTドコモの「モバイル空間統計 」をご存じでしょうか? 日本全国において1時間ごとの人口分布を24時間、365日人の流れを計測できるもので、ニュース番組で引用されることもあります。それによると、昨年、緊急事態宣言が発令されてすぐの4月時点では、東京駅や新宿駅、渋谷センター街など都心の人流は約80%もの減少が見られました(図1参照)。

図1. 第1回目の緊急事態宣言下での人流変化クリック/タップで拡大
図1. 第1回目の緊急事態宣言下での人流変化
クリック/タップで拡大"

 都心における大きな人流の減少により、DOOH広告を見る人の数(インプレッション=視認者数) も大幅に減少しているのがわかります(図2)。しかしながら、郊外型DOOHのように生活圏に設置されたDOOHの視認者数は緊急事態宣言前とほぼ同じレベルか、むしろやや増加傾向が見られます

図2. 第1回目の緊急事態宣言下での人流変化クリック/タップで拡大
図2. 第1回目の緊急事態宣言下での人流変化
クリック/タップで拡大"

 また、第2回目の緊急事態宣言が発令された今年2月以降については、第1回目の緊急事態宣言のときと異なり、最大でも約20%しかDOOHの視認者数は減少していません(図3)。

図3. 第2回目の緊急事態宣言下におけるDOOH視認者数の増減率クリック/タップで拡大
図3. 第2回目の緊急事態宣言下におけるDOOH視認者数の増減率
クリック/タップで拡大"

 このことから、インプレッション(=視認者数) をベースにしているDOOHを活用すれば、コロナ禍においても目標の視認者数が担保され、安心してメッセージを届けることができるとご理解いただけると思います。

モバイルデータをDOOH配信に活用

――その時々の状況に合わせて出稿をコントロールしていくことが、DOOHの成功のポイントになりそうですね。

神内:はい。そこで私たちLIVE BOARDでは、モバイルデータなどのビッグデータとアドテクノロジーを活用することで、従来のような「枠」起点ではなく、「オーディエンス」起点でのプランニング・配信を実現する仕組みを整えました

株式会社LIVE BOARD(ライブボード)代表取締役社長 神内 一郎氏
株式会社LIVE BOARD(ライブボード) 代表取締役社長 神内 一郎氏

神内:当社ではニューノーマルの時代に広告主がメディアに求めることを、Accountable(正しい媒体価値を知りたい)、Addressable(最適な枠を必要なタイミングで購入したい)、Attributable(広告効果がはっきりわかる媒体に出稿したい)、の「3A基準」にまとめ、このニーズに沿うかたちでサービス開発・提供を進めてきました(図4)。

図4. 広告主が求める「メディアの3A基準」
図4. 広告主が求める「メディアの3A基準」

 今広告主は、ニューノーマルな生活スタイルに合わせてマーケティング施策を調整しており、不透明な状況下で以前より予算を抑えなければいけないケースも増えています。広告の“無駄打ち”が許されない状況において、この3A基準を満たすことはますます重要になっているでしょう。ここからは、LIVE BOARDのDOOHがどのような仕組みで3A基準に応えているのか、ご説明します。

次のページ
モバイルデータを活用し、広告媒体の価値を定義・モデル化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

畑中 杏樹(ハタナカ アズキ)

フリーランスライター。広告・マーケティング系出版社の雑誌編集を経てフリーランスに。デジタルマーケティング、広告宣伝、SP分野を中心にWebや雑誌で執筆中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング