SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「withファン」レポート

店舗は“売る”から体験提供、“個客理解”の場へ PARCOが取り組むOMOとは

 アジャイルメディア・ネットワークは、同社が提唱するアンバサダープログラムの一貫として、ファンと企業の関係に主軸を置いたオンラインセミナー「withファン」を主催している。2020年11月25日に行われた回では、パルコデジタルマーケティングの唐笠亮氏をゲストに、PARCOが取り組むOMO事例が語られた。本稿では、その様子をお届けする。

「オンライン」が「オフライン」を包含する時代に

徳力:本日はパルコデジタルマーケティングの唐笠さんをゲストにお招きしました。よろしくお願いします。

唐笠:ショッピングセンターPARCOのWebサイトやEC、アプリ、店頭のデジタルサービスなど、デジタル分野を担当している唐笠です。社名からPARCOの運営だけを行っていると思われることもあるのですが、パルコデジタルマーケティングでは、PARCO以外のショッピングセンターや百貨店、小売・外食企業のデジタルマーケティング、デジタルシフトのお手伝いも数多く行っています。

(ゲスト)株式会社パルコデジタルマーケティング コンサルティング一部 部長 唐笠 亮氏
(ゲスト)株式会社パルコデジタルマーケティング コンサルティング一部 部長 唐笠 亮氏

徳力:それでは、早速本題のOMOについて伺っていきたいと思います。OMOは2019年頃から盛んに言われていますが、それまでは「オムニチャネル」がトレンドでしたよね。

唐笠:オムニチャネルは、オフラインを軸にオンラインをアドオンするというアプローチが主でしたが、それがだんだんと古い考え方と捉えられるようになりました。なぜなら、現代の消費者は常時ネット接続しており、オフラインにいるときもネットに繋がっているからです。

 そこで出てきたのがOMOという概念です。OMOはOnline Merges with Offlineの略称で、オフラインがオンラインに包含され、“オンラインと紐づかない意味でのオフライン”がなくなるという考え方です。藤井保文さんの著書『アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る』(日経BP)では、こうした世の中を「アフターデジタル」と表現しています。

唐笠:では、ネットに常時接続している消費者に対し、事業者はどう繋がっていけばいいのか。どういう情報を提供し、価値を提供するべきなのか。これが、現在事業者が抱えている課題です。

 ざっくりですが、以上がOMOについての簡単な説明です。OMOについてちゃんと勉強したい方は、『アフターデジタル』を読むことをお勧めします(笑)。

スマホアプリを中心に据えたPARCOのOMO

徳力:消費者が変わっていくなかで、PARCOではどんな課題を抱えていたのでしょうか?

唐笠:PARCOに限らず、ショッピングセンターやリテールは、こうした消費者の変化にあわせて、進化が求められてきました。20年ほど前に比べ、家計におけるファッション・アパレルへの支出はかなり低くなってしまいましたし、ECでなんでも買えて翌日には届く時代、店舗へ足を運んで接客を受けて買うという価値・意味も変わってきたからです。ネット×スマホでお客様の買い物技術は著しく向上し、販売側より情報をもっていたりする場合も多い。店舗でもECでもなく、メルカリやラクマといったフリマアプリで売り買いするのも普通です。

 そうした「いつでも、どこからでも買える」時代に、お客様に選んでもらいつづけるために何をすべきか。これが一番の課題でした。

 またPARCOのようなショッピングセンター業態は、お客様を属性やターゲット層といった「集合体」でとらえ、それにマッチするテナントさんを誘致し、館をプロデュースするというアプローチで長い間やってきました。

 それに加え、今後はデジタルを活用することで「お客様それぞれ(=個客)」の興味・関心や嗜好を理解した上で、個客に対し「商品・サービス単位での提案と、シーンに合わせたコミュニケーションができるようにしたい」と考えていました。

 そして、そのためにはオンライン・オフラインにおける様々なデータを蓄積し、個客を理解する必要がありました

徳力:そこで生まれたのがスマホアプリ「POCKET PARCO」ということですね。

唐笠:その通りです。「POCKET PARCO」は2014年末にリリースし、翌2015年に全店展開しました。その後も機能追加などのアップデートを行っています。下図は2014年リリース当初の仕様・機能です。

唐笠:まず“来店前”の部分、PARCOではテナントのショップスタッフさんがブログで情報発信できるプラットフォーム(ショップブログ)を用意していて、これがスマホアプリ内のメインコンテンツのひとつとなっています。アプリユーザーそれぞれのブログ記事の閲覧やクリップ(いいね)など、興味・関心や嗜好が収集可能になりました。

 次に“来店後”のオフラインでは、スマホアプリでチェックインしてもらうことで来店情報を記録。また、事前にスマホアプリにクレジットカード情報を紐付けてもらうことで、どのショップでいくらお買い上げいただいたか、購買情報を紐付けられるようになりました。

 実は、アプリを作るまでは、こうした購買情報がほとんど取れていなかったんです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アプリで来店前・来店中・来店後の「個客理解」が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
「withファン」レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉田 朗子(ヨシダ サエコ)

アジャイルメディア・ネットワーク株式会社 マーケティング部広告代理店とカナダでのワーキングホリデーを経て、2018年アジャイルメディア・ネットワーク(AMN)入社。AMNでは、マーケティング部に所属しながら”寄り添う企業として”をスローガンにしウェビナー、イベントなどを開催中。個人では保護犬のボランティアなどを行いながらより良い未来を模索している。アンバサダープログラム事業部:https://agilemedia.jp/ambassador-program

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

田口 和裕(タグチ カズヒロ)

タイ在住のフリーライター。ウェブサイト制作会社から2003年に独立。雑誌、書籍、ウェブサイトなどを中心に、ソーシャルメディア、クラウドサービス、スマートフォンなどのコンシューマー向け記事や、企業向けアプリケーションの導入事例といったエンタープライズ系記事など、IT全般を対象に幅広く執筆。著書に『できるfit メルカリ&LINE&Instagram&Facebook&Twitter 基本+活用ワザ』(インプレス・共著)、『ゼロからはじめるテレワーク実践ガイド ツールとア...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

宮崎 綾子(ミヤザキ アヤコ)

編集者。編集プロダクション勤務を経て2009年に独立、“ひとり編プロ”アマルゴンを運営。PC・スマホ・ウェブ関連の技術&カルチャー書籍編集制作を中心に、PRコンテンツ企画など幅広く関わる。電子書籍の導入期にはImpress QuickBooksシリーズに参画。実績は https://amargon.net

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/22 09:00 https://markezine.jp/article/detail/35662

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング