SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

LINEリサーチ、「ライトコース」にて新たに「1問スクリーニング」機能をリリース

 LINEは、リサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」において提供している手軽に、早く、リーズナブルな価格で調査ができるライトコースで、事前に調査対象者を絞り込める「1問スクリーニング」機能の提供を開始した。

 「1問スクリーニング」機能を活用することで企業は、現在「ライトコース」が提供している「基本属性/ターゲットオプション(学生区分/たばこ/子供の有無など8ターゲットから選択可能)」では対応していない、オリジナルの条件で1問分のスクリーニング調査を行い、任意の調査対象者の絞り込みができる。

 通常の「ライトコース」ではターゲットの回答が数十人しか回収できない場合でも、同機能で調査を行いたい対象を事前に絞り込んで配信できるため、企業は条件に合った対象者からより効率的に結果データを収集することが可能だ。

たとえば「ほぼ毎日料理をする男性」を対象にネットスーパーの利用実態を調査する合、「1問スクリーニング」機能で「ほぼ毎日料理をする20-50代の男性」を抽出。抽出された「ほぼ毎日料理をする20-50代の男性」に対して調査を実施することができる。性別・年齢(10歳刻み)は、1問スクリーニング時に絞り込みが可能となっている。

【関連記事】
ZホールディングスとLINEの経営統合が完了 新たなマーケティングソリューションの提供へ
LINEリサーチ、オンラインインタビューの対応を開始 広範囲な定性調査を実施することが可能に
2020年、流行ったものを調査 1位は「鬼滅の刃」、エコバッグ・Zoomも上位に【LINEリサーチ】
博報堂と博報堂DYMP、LINEリサーチのセールスパートナーに 新たな調査手法の開発・提供に向け連携
LINEリサーチ、低価格・短納期で調査が可能なライトコースをリニューアル オンラインで作成機能を追加

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング