SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ファミリーマートとTOUCH TO GOが提携 無人決済システムを使った実用化店舗第1号店をオープン

 ファミリーマートと無人決済システムの開発を進めるTOUCH TO GO(タッチ トゥ ゴー 以下、TTG)は、TTGが開発した無人決済システムを活用した実用化店舗として「ファミマ!!サピアタワー/S店」を2021年3月31日(水)に開店する。

ファミマ!!サピアタワーS店 イメージ
ファミマ!!サピアタワーS店 イメージ

 また両社は、双方の持つ経営資源の相互活用によって既存店舗の省人化およびマイクロマーケットへの事業領域拡大を実現し、相互の企業価値を向上することを目的に、2月26日(金)に資本業務提携契約を締結した。両社は省人化による店舗運営コストやオペレーション負荷の軽減、顧客とストアスタッフが直に接することのない非対面決済の推進、マイクロマーケットへの出店を可能にする店舗形態の創出を進めるとともに、顧客のさらなる利便性の向上と新しい店舗運営のあり方を模索していく。

 TTGの無人決済システムは、時間節約のニーズの高い朝や移動の合間の時間などでも短時間で買い物を済ませることができる利便性を実現。また省人化による店舗オペレーションコストの低減が可能となる。

 同システムの導入店では設置されたカメラなどの情報から、入店した利用者と手に取った商品をリアルタイムに認識。支払いは利用者が出口付近の決済エリアに立つと、ディスプレイに購入商品と金額が表示され、電子マネーなどでスピーディー購入できる。

利用方法
利用方法

【関連記事】
JR東日本リテールネット、「NewDays」のキャッシュレス・無人店舗をJR武蔵境駅にオープン
JR東日本スタートアップとサインポスト、新会社TOUCH TO GOを設立 無人AI決済店舗を実現へ
企業名想起率のトップは 「あなたと、コンビに、ファミリーマート」【日経BPコンサルティング調査】
伊藤忠商事、ファミリーマート、NTTドコモ、サイバーエージェント、広告事業に関する新会社設立
ファミリーマートとパナソニック、IoT活用の実証実験店舗をオープン 顔認証決済やデータ利用を検証へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/10 08:30 https://markezine.jp/article/detail/35700

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング