SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日本郵政グループと楽天グループ、資本・業務提携に合意 物流やDX領域で連携強化へ

 日本郵政、日本郵便と楽天は、3月12日、業務提携合意書を締結した。物流、モバイル、DXなど様々な領域での連携を強化していく。

 また、日本郵政と楽天は、両社グループ間の関係を強化するため、日本郵政による楽天への出資を内容とする株式引受契約を締結した。

 日本郵政グループは、全国を網羅する郵便局や物流のネットワークを基盤に、人々の生活に必要不可欠な社会インフラとしての役割を担っている。一方、楽天グループは70以上のサービスと1億以上の楽天会員を有し、独自の経済圏を形成している。

 両社グループは、本資本・業務提携に基づき、顧客の利便性の向上、地域社会への貢献、そして事業の拡大を目的に、両社グループの経営資源や強みを効果的に生かしたシナジーの最大化を図る。

詳細を協議する業務提携概要

物流

・共同の物流拠点の構築
・共同の配送システム及び受取サービスの構築
・日本郵便及び楽天の両社が保有するデータの共有化
・新会社設立を含む物流DXプラットフォームの共同事業化
・RFC(楽天フルフィルメントセンター)の利用拡大及び日本郵便のゆうパック等の利用拡大に向けた、日本郵便・楽天両社の協力・取り組み

モバイル

・郵便局内のイベントスペースを活用した楽天モバイルの申込み等カウンターの設置
・日本郵便の配達網を活用したマーケティング施策の実施

DX

・楽天グループから日本郵政グループに対するDXに精通する人材の派遣
・楽天グループによる日本郵政グループのDX推進への協力

業務提携を目指した検討事項

金融

・キャッシュレスペイメント分野等での協業
・保険分野での協業

EC

・物販分野での協業

【関連記事】
楽天市場における新広告メニュー「RMP - Sales Expansion Advance」リリース
楽天、電通および電通デジタルと連携 広告ソリューションの企画・開発を開始
楽天、実店舗のデジタル化やOMO施策導入などを支援する新会社「楽天DXソリューション」を設立
若年層を中心にDMを受け入れる意識が向上/1年前に比べ「開封割合が増えた」【トッパンフォームズ調査】
チーターデジタル、印刷プラットフォーム提供のグーフと協業~パーソナライズDMの発送を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/12 18:10 https://markezine.jp/article/detail/35742

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング