SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アジャイルメディア、ファンの応援行動とビジネス貢献を可視化する分析モデルを提供開始

 アジャイルメディア・ネットワークは、ファンの行動とビジネス貢献の因果関係を指標化し、明らかにする分析モデル「アンバサダーアナリティクス」を開発、提供を開始した。

 同分析モデルは、ファンの特性を独自の指標で分析することにより、成果を出すための有効な打ち手を明らかにするもの。

ファンによる貢献分析と打ち手の検証サイクルイメージ
ファンによる貢献分析と打ち手の検証サイクルイメージ

 具体的には、企業が保有する顧客情報や固有データと、同社が提供する「アンバサダープラットフォーム(ファン/アンバサダー登録・分析システム)」を通じて取得した情報を組み合わせ、ファンの貢献評価を可能にし、ビジネスとしての投資価値と有効な施策の因果関係を明らかにする。

 同分析モデルは、ファンの表現・行動の分析指標「アンバサダーマインド」と、ファンによる行動とビジネス貢献の因果関係を明らかにする「貢献相関フロー」によって構成される。企業のファン/アンバサダー向けのマーケティング施策を、貢献相関フローに当てはめてKPIを設定し、分析・定点観測する。

ファンによる表現や行動の欲求を集約した分析指標「アンバサダーマインド」
ファンによる表現や行動の欲求を集約した分析指標「アンバサダーマインド」
貢献相関フローのイメージ
貢献相関フローのイメージ
分析結果のイメージ
分析結果のイメージ

【関連記事】
TRILL、YouTubeライブでのプロモーションを開始 第1弾は「ファンケル」のサンプリング・配信
スナップディッシュ、食品飲料ブランドのファン作りをサポートする「ファンコミュニティプラン」の提供へ
電通、クオンと業務提携 イベントを起点にファンコミュニティを形成する「echo」を開発
神戸市と電通、SNSでの戦略的コミュニケーションによるファン創出に向け共同研究を開始
アイリッジ、ファン育成プラットフォーム「FANSHIP」においてトレジャーデータと連携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/03/22 15:15 https://markezine.jp/article/detail/35862

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング