SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

メルカリと日本財団が業務提携に合意 モノの売り買いが寄付につながる仕組みの構築などを目指す

 メルカリと日本財団は、両社のもつアセットを通じた寄付の仕組みを構築・推進する目的で業務提携した。

 個人の寄付推計総額は7年間で約1.4倍に増加し、新型コロナウイルス感染症拡大をきかっけに「寄付をしたい」と感じる10代が29%にのぼるなど、若者の間でも社会課題解決に向けた寄付へのニーズが高まっている。

 今回の業務提携は、メルカリの持つオンライン・オフラインでのアセットと、日本財団の知見・ネットワークをかけあわせた共同施策を実施することで、日本における寄付文化の醸成に寄与し、社会・環境問題の解決に貢献することを目的としている。2021年7月以降に順次実施予定の取り組みは以下の通り。

  • モノの売り買いが寄付になる仕組みの構築・推進:メルカリ上での取り引きが寄付につながるキャンペーン、スキームなどの企画・開発検討
  • オフラインの場を活用した寄付促進プロフラムの開発:メルカリ教室、メルカリステーションを活用したオフラインの場での寄付促進プログラムの企画・開発
  • 災害発生時に迅速に寄付できる仕組みの開発:災害発生時にメルカリのユーザーが被災地支援活動に寄付できる特設Webページの開設など、災害発生に備えた被災地支援施策の企画・開発

【関連記事】
フローレンスなどのNPO法人4団体、Marketoを導入~資金獲得やボランティア採用に活用
ヤフー、「Search for 3.11」を今年も実施~昨年の寄付金額は約2,500万円に
メルカリなどを顧客に持つBraze、ジャパン・クラウドと合弁で日本法人を設立
メルカリ取引の約5割は上下の年齢間で行われる/メルカリ総合研究所、博報堂生活総合研究所調べ
フリマアプリでの売却比率が10%上がれば、アプリ利用者が新品に支払える上限金額も上昇【メルカリ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング