SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

コンテンツが良ければ案件動画も見る YouTube利用実態【GLAPentertainment調べ】

 GLAPentertainment(グラップエンターテイメント)は、20代~40代の男女869名を対象に「YouTubeと動画視聴に関するユーザーアンケート調査」を実施した。

YouTube視聴中の広告は「すぐさまスキップ派」が約7割

 「YouTube動画を閲覧中に出てくる動画広告についてどんな対応をしていますか?」という質問に対し、年齢差はあるものの平均して7割が「すぐさまスキップする」と回答した。

【クリック/タップで拡大】

YouTube視聴シチュエーションは「動画に集中派」と「ながら見派」がほぼ同率TOP

 動画の視聴シチュエーションに男女差は少なく、いずれも「動画に集中する」と「ながら見する」という回答が6割近い結果に。また、移動中に再生したり、流しておいて耳だけで聞いたりするといった回答も2~3割ほど見られる。

【クリック/タップで拡大】

コンテンツが良ければ案件動画も見る

 YouTuberが投稿するPR案件動画についてどう思うかという質問に対しては、「コンテンツが良ければ見る」が半数以上を占めた。

【クリック/タップで拡大】

 また、同対象者に「どんな内容の動画であれば、案件動画でも見ようと思いますか?」と質問。「YouTuberの普段の動画に近い内容」「自分の気になっていた商品・テーマについての動画」という回答が男女ともに半数を超える結果となった。

【クリック/タップで拡大】

縦長動画視聴プラットフォームの1位はYouTube

 「自分がよく見るものをすべてお選びください」という質問に対しては、縦長動画の代表格である「TikTok(23%)」をおさえ、「YouTube(41%)」「Instagram ストーリーズ(36%)」の割合が多い結果となった。年齢別に見ると、若いほど縦長動画の視聴傾向が強かった。

【クリック/タップで拡大】

【調査概要】
実施期間:2021年3月19日(金)~24日(水)
調査対象:20代~40代の男女
有効回答数:869サンプル

【関連記事】
定額動画配信サービスの利用実態 Amazonプライム・ビデオの利用者が7割超で圧倒的【ナイル調査】
ブランドイメージYouTubeが2年連続1位/上昇力1位ワークマン【日経BPコンサルティング調査】
利用率は57.8%/コネクテッドテレビの利用状況&広告態度変容の傾向【フリークアウト調査】
Instagram、好きなリール動画とコラボできる「リミックス」機能を追加
エイベックス、YouTuber向けの総合型クリエイター・エージェンシー「avex fav」を設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング