SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ADKクリエイティブ・ワン、展示会などに使えるXR技術を活用した2ソリューションの提供を開始

 ADKクリエイティブ・ワン(以下、ADK CO)は、VR、ARをはじめとしたテクノロジーで構成されるXR技術を活用し、顧客との新しい体験価値を生み出す2つのソリューションを提供開始した。

 これは、WEBシステム・API・アプリなどを活用した新しい体験デザインで、クライアントのコミュニケーション課題をスピーディかつ効果的に解決するオンラインサポートサービス「ONE ONLINE」の第2弾。

 提供されるのは「ONE ONLINE VIRTUAL EVENT PLATFORM」と「ONE ONLINE STREAMING PLATFORM」の2つ。

 ONE ONLINE VIRTUAL EVENT PLATFORM

 バーチャルとリアルが融合したハイブリッド型イベントを簡単に導入できるプラットフォーム。

事例:スタメン採用ADK RECRUIT 2022
事例:スタメン採用ADK RECRUIT 2022

 イベントに参加したユーザーは、アバターとなってイベント会場を制限なく自由に動き回り、他のユーザーとチャットしたり、ライブを楽しんだりすることができる。発表展示会やライブ、セミナー等で活用できる。

 ONE ONLINE STREAMING PLATFORM

 LIVE配信やチャット機能、来場申込管理機能などのオプション機能を豊富に取り揃えた、オリジナル配信プラットフォーム。

リアルタイムCG合成技術を活用した配信演出のイメージ
リアルタイムCG合成技術を活用した配信演出のイメージ

 通常の配信方法に加えて、最新のリアルタイムCG合成技術による仮想空間内からの配信演出など、XR技術を活用したこれまでにない配信方法の提供も可能。B to B企業・B to C企業問わず各種イベントで活用できる。

【関連記事】
電通が「XRX STUDIO」を発足、XR活用した新しい顧客体験づくりからビジネス開発まで実施
JFAとKDDI、日本代表戦の試合直前ウォーミングアップを「The Blue XR」でライブ中継
博報堂と博報堂DYMP、XR技術を活用するグループ横断プロジェクト「hakuhodo-XR」を始動
電通ライブ、XR空間演出システム「LIVE_XR」で次世代のオンラインイベント開催を支援
KDDI、スマホをかざして歩くだけでVRの別世界に移動できる「au XR Door」を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング