SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TVer、3月の動画再生数は1億8,000万回超え 番組再⽣数1位は「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」

 民放公式テレビポータル「TVer (ティーバー)」は、2021年3月の月間動画再生数が2020年同月の約2倍となる1億8,305万回となった。またユーザー数は1月が1,697万MAUとなった。

 毎週レギュラーで配信をしている番組数は約350番組まで増え、各局で放送中のドラマはほぼTVerで配信。配信番組数の増加に加え、大画面で視聴ができるコネクテッドTVの対応端末の拡大なども再生数の増加に寄与した。

番組再生数1位は「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」

 2021年の1月から3月期の全配信番組を対象にした「番組再生数ランキング トップ10」は以下の通り。

1位:TBSテレビ 「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(10) 1,865万
2位:日本テレビ 「ウチの娘は、彼氏が出来ない!! 」(10) 1,579万
3位:TBSテレビ 「天国と地獄 ~サイコな2人~」(10) 1,522万
4位:TBSテレビ 「俺の家の話」(10) 1,228万
5位:フジテレビ 「知ってるワイフ」(11) 1,026万
6位:日本テレビ 「レッドアイズ 監視捜査班」(10) 1,008万
7位:カンテレ 「青のSP―学校内警察・嶋田隆平―」(10) 866万
8位:日本テレビ 「君と世界が終わる日に」(10) 852万
9位:テレビ朝日 「にじいろカルテ」(9) 817万
10位:フジテレビ「監察医 朝顔」(12) 660万

※計測期間:2021年1月1日~3月31日(ビデオリサーチ調べ)
※自社キャッチアップサービスと他社プラットフォームなどを除く
※( )内は期間内の配信エピソード数

 再生数第1位は、TBSテレビ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」という結果に。上白石萌音が主演のラブコメディーで、視聴層はF1とF2層で半数を占めた。同作品以外にも、トップ10にランクインしたのはすべて1月から放送を開始した新作のドラマで、視聴層はF1からF3層までが約7割を占め、幅広い年代の女性に視聴されている。

【関連記事】
大学生はAmazonプライムビデオとYouTubeを利用/地上波は録画&TVer【KIRINZ調べ】
TVer、インテージ、青山学院大学が共同研究開始 コネクテッドテレビにおける広告効果検証の高度化へ
アクセスプログレス、TVerなどにWebCMを配信できるサービスを取り扱い開始 動画制作も支援
2020年TVerで最も再生された番組は?「TVerアワード2020」
プレゼントキャスト、社名を「TVer」に変更 動画配信サービス事業の推進に向け資本増強へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング