SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第65号(2021年5月号)
特集「今日から始める運用型テレビマーケティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ギフティの法人向けeギフトサービスとアドビのMAが連携、eギフトを活用したWebキャンペーン可能に

 ギフティは、法人向けeギフトサービス「giftee for Business」の機能と、アドビが提供するマーケティングオートメーション(以下、MA)ツール「Adobe Marketo Engage」を連携。2021年5月より、同ツール上でのeギフトを活用したWebキャンペーン機能の本格提供を開始した。

 これにより、顧客(エンドユーザー)のアンケートの回答や会員登録のインセンティブとして、「Adobe Marketo Engage」上での簡単な操作でeギフトの設定・発行・配信が可能となる。

 例えば、アンケートや会員登録の謝礼としてeギフトを配布する場合、アンケートの回答後の完了メールおよび会員登録完了画面にeギフトのURLを表示できる。

 アンケートの回答や会員登録をトリガーにeギフトのURLが発行されるため、一定数のeギフトを事前購入する必要なく余剰在庫のリスクはない。また、回答数や登録数に上限を設定して予算に応じた運用も可能。

 従来、マーケティング施策のインセンティブとしてギフトを付与する場合、配送先となる住所の取得が必要だった。また、送料等のコストも発生するため、デジタル化、効率化に特化したMAツール上では、ギフトを活用したマーケティング施策の実施率は低い状況だった。そこで、メールやSNSのメッセージに埋め込み配布できるeギフトを、「Adobe Marketo Engage」上で実施するWebキャンペーンで手軽に活用できるよう、今回システム連携を行うに至った。

【関連記事】
ギフティ、ラグジュアリー商品拡充へ ホテル業界へeギフト販売システム提供開始
リチカ、ECにおける動画活用の販促効果についてギフトサイト「TANP」と共同研究を開始
LINEギフト、贈り主と友だちが同じ商品を共有できる新広告メニュー「ペアギフト」の提供を開始
クラウドCRMのSynergy!とギフティのeギフトが連携 eギフトURLの発行・埋め込みを簡便化
生活者のオフライン行動データを活用したeギフト配信の提供へ スイッチスマイルとギフティが業務提携

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング