SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究(PR)

動画制作未経験でもCPAを4分の1に削減!ベネッセが取り組む動画制作のインハウス化に直撃

 コロナ禍のマーケティングにおいて、ユーザーとコミュニケーションを図る手段として動画を活用する企業が増えている。動画で成果を出すために、より“低コスト”で効果的な動画を“量産”することが求められる今注目されるのが、動画クリエイティブのインハウス化だ。ベネッセコーポレーションは動画の内製に舵を切ったが、驚くことにチーム内全員が制作未経験だったという。それでも内製化を実現できたポイントはどこにあったのか、プロジェクトを推進した同社の上野淳次氏に話をうかがった。

インハウスの目的はファーストパーティーデータの利活用

――動画クリエイティブの制作のインハウス化を決めたきっかけは何だったのでしょうか。

上野:動画クリエイティブ制作のインハウス化以前に、当事業部では広告運用のインハウス化に取り組んでいました。

 DXを推進していく上で、自社で保有する顧客のファーストパーティーデータの利活用を見据えたものでした。まずは事業ごとに分断されていたデータを蓄積した統合DMPおよびマーケティング基盤の構築が概ねできたものの、そのデータは社外に出せないので、外部への委託ができません。

 そこで2018年に広告運用のインハウスチームを立ち上げ、社内の多くの案件を運用するようになりました。

 我々としてもインハウス運用の効果・効率をさらに上げるための方法を模索する中で、もっとクリエイティブをリッチなものにできないかと思いはじめていました。そうなると広告運用と共にクリエイティブ制作も内製化する必要が出てきます。

 しかしクリエイティブ制作をお願いできるメンバーがおらず、インハウスチームで制作できる方法を探していたときに、ふとリチカの広告に目が留まり、興味を持ちました。

株式会社ベネッセコーポレーション
Kids&Family カンパニー デジタルビジネス開発部 上野 淳次氏

ユーザーのニーズがよく考えられたサービス設計

――最近では動画クラウドサービスの数も増えている中で、リチカのマーケティング動画クラウドサービス「リチカ クラウドスタジオ」を選んだ理由を聞かせてください。

上野:提案時の安心感など、いくつかポイントはありますが、一番はクリエイティブ制作のインハウス化に最も適したツールだと感じたからです。当時複数のツールを試してみましたが、自由度が高いものだと動画制作未経験の自分たちには使いこなすのが難しく、制作の標準化や、様々な部署への展開が難しいと感じました。

 一方で「リチカ クラウドスタジオ」は、独自に開発されている動画フォーマットにより、素材とテキストを入れれば動画が制作できるため、素人でも一定以上の質を保ったクリエイティブが作れる設計になっていると感じました。

上野:また、制作した動画の著作権が導入側になる設計もありがたかったです。我々はメディア事業を展開しており、他のクライアントに制作物を譲渡することもあるので。使い手のことがよく理解されたツールだと感動したことを覚えています。

次のページ
インハウス化を進めるにあたり、直面した2つの壁

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業界キーパーソンと探る注目キーワード大研究連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

畑中 杏樹(ハタナカ アズキ)

フリーランスライター。広告・マーケティング系出版社の雑誌編集を経てフリーランスに。デジタルマーケティング、広告宣伝、SP分野を中心にWebや雑誌で執筆中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/08 11:00 https://markezine.jp/article/detail/36310

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング