SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インタラクティブ動画を接客シナリオで活用可能に、SprocketとMILが連携開始

 5月18日、Sprocketが提供するCROデザインプラットフォーム「Sprocket」と、MILが提供するインタラクティブ動画制作プラットフォーム「MIL」が連携を開始した。

 これにより、Sprocketを利用する企業は、ユーザーに最適なタイミングでMILのインタラクティブ動画を表示したり、動画の視聴データをSprocketのセグメント条件に利用したりすることが可能になる。

 MILのインタラクティブ動画は、動画内で気になる「ヒト・コト・モノ」にタップすると、その場で商品を購入したり、情報を取得したりすることができる。一般的な動画と異なり、動画内のポップアップやストーリー分岐、スイッチングなどのアクションを動画上で提供することで、Webサイトのコンバージョンを最適化する。

通常動画とインタラクティブ動画の違い
通常動画とインタラクティブ動画の違い

 今回の連携でSprocketが持つユーザー1人ひとりの属性や購入履歴、流入元などの行動データから、最も興味を持たれるであろう場所とタイミングでMILのインタラクティブ動画をポップアップ内で配信することが可能となった。

 また、MILの視聴データをSprocketへ連携することもできる。

 MILのインタラクティブ動画について「どの動画を」「いつ」「どこまで」視聴して、「どの要素をタップしたか」といった詳細なデータをSprocketのセグメントに活用することで、例えば「商品Aのインタラクティブ動画を視聴完了しているが、商品詳細ページは未訪問」のユーザーに対して「よろしければ、先日ご覧いただいた商品Aの詳細情報をご覧になってみませんか?」といった接客が可能になる。

【関連記事】
MILと日本テレビがインタラクティブ動画ドラマを共同制作 動画からファッションアイテムの購入が可能に
Sprocket、サイト内コンテンツを自動で出し分ける「コンテンツパーソナライゼーション」を提供開始
チーターデジタル、Web接客ツールのSprocketと協業 データ連携で一貫した顧客体験を提供
OWNDAYS、ストーリー型のWeb接客ツールを導入 動画ごとの反響やスタッフの成果を可視化
プレイド、スマートフォン版「KARTE GATHER」を開発 顧客の文脈を捉えたオンライン接客を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/18 11:30 https://markezine.jp/article/detail/36337

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング