SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第69号(2021年9月号)
特集「BtoBビジネスの勝敗を分ける戦略」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インテージ、リサーチ・アンド・イノベーションを子会社化 全国数十万人規模の購買データサービス構築へ

 インテージは、リサーチ・アンド・イノベーション(以下、RNI)の発行済み株式の一部を取得する株式譲渡契約書を締結し、子会社化したことを明らかにした。

 インテージは、全国5万人の購買行動を捕捉するSCIを業界標準マーケティングデータとしてメーカー、流通業に提供している。またモニターが購入した商品のバーコードをスキャンし、その商品を購入したチャネルや個数・金額などを入力することで、誰が・いつ・どこで・何をいくついくらで購入したのかがわかるSCI(全国消費者パネル調査)に付随して、バーコード単位でブランド情報・属性情報を整備した商品マスタの消費財120万バーコード分を精緻に構築・運用している。

 一方RNIは、レシートを使って買い物情報や商品評価情報が登録できる家計簿アプリのCODEを運営。同サービスの購買データはMAU31万人、月間3,400万件の買い物情報や累計5,000万件の商品評価情報を随時取得している。契約企業には、自然購入者(アプリ会員)に直接アンケートを実施できる「秒速リサーチ」や、前日までの購買データを画面で閲覧・分析可能な「CODE for Business」などのサービスを提供している。

 今回インテージがRNIを子会社化することにより、RNIサービスにインテージの商品マスタや分析ノウハウといった事業資産を組み入れることで、マネタイズを加速化させていく。

 今後、両社の購買データを一括活用することで、全国数十万人規模の購買データサービスをつくるだけでなく、各社が生活者と直接コミュニケーションがとれるCXマーケティングプラットフォームにすることで、消費財ブランドメーカーや小売業の購買起点のDXを促進していく。

【関連記事】
インテージとDataRobot、データパートナー契約を締結 FMCGメーカーの需要予測精度向上を支援
インテージテクノスフィア、AIがテキスト情報を定量化する「文意知」をリリース
TVer、インテージ、青山学院大学が共同研究開始 コネクテッドテレビにおける広告効果検証の高度化へ
インテージ、海外生活者のインサイト発掘・アイデア発想を行う「グローバル デ・サインリサーチ」を開始
2020年、販売苦戦したランキング:化粧品の5カテゴリーが10位までにランクイン【インテージ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/05/24 12:30 https://markezine.jp/article/detail/36383

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング