SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYHとVRC、3Dアバターを用いた次世代ファッション購入体験の価値検証を開始

 博報堂DYホールディングスは、3Dアバターを高速に生成する技術を持つVRCと3Dアバター技術利活用の共同研究契約を締結。第一弾として、VRCが保有する3Dアバターを用いた次世代ファッション購入体験の価値検証に向けた共同研究を開始する。

 共同研究ではまずVRCの3Dアバター生成技術及びバーチャル試着技術を用いる。これは3Dスキャナやスマートフォン用アプリで生成した生活者自身の3Dアバターに、別途3Dデータで用意した服を自身のアバターに着用させる技術を組み合わせ、アバターの動きに応じた服のシワや揺れをバーチャル上に再現することで、着用感やサイズ感、自身に似合っているかどうかの確認を可能とするもの。

 生活者が自身のアバターを持つようになれば、手荷物が多くて試着が面倒な時、あるいは脱ぎ着しづらい格好をしているため試着を躊躇うような場面でも、まずはアバターに着用させてみることで店頭では実試着へのハードルが下がり、ECにおいても購入時の失敗が低減することでより自分の望む買い物体験が可能になることが期待できる。

 また、バーチャル試着された衣服の人気動向が計測可能となるため生活者ニーズをとらえた生産量コントロールができ、バーチャルで服をリリースしてから人気のあるものをリアル生産に移すようなバリューチェーンの再編成を行うDXも期待できる。

 これにより、原材料の調達、生地・衣服の製造、そして輸送の全体量の最適調整は、廃棄量の減少にもつながり、持続可能なファッションビジネスの実現にも貢献すると両社は考えている。

【関連記事】
CA、3DCG・XRを使ったイベントテックサービス「FUTURE EVENT Basics」を開始
JALとパナソニック、アバター式リモート案内サービスの共同実証実験を開始 遠隔・非接触・非対面で接客
MESONと博報堂DYホールディングス、渋谷・神南エリアでの広域AR/VR実証実験を実施
博報堂DYMP、4社で事業提携 複合型VRイベント会場「VRADE」を開設
KDDI、スマホをかざして歩くだけでVRの別世界に移動できる「au XR Door」を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/09 18:00 https://markezine.jp/article/detail/36530

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング