SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第67号(2021年7月号)
特集「戦略実行を支える、強いチームの作り方」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

東急、NTTデータ、イーストの3社「商業施設・ショップ特化型」スマホアプリの提供を開始

 東急、NTTデータ、イーストは、商業施設やショップに特化した、決済・販促機能搭載のスマホアプリの提供を2021年6月から開始する。2021年秋に第一号として東京都内の商業施設に導入し、2025年3月末までに数十社への導入を目指す。

 同アプリは、東急とNTTデータが提供する決済・販促ソリューション「.pay(ドットペイ)」を、イーストが提供するフォーマットアプリに組み込んだもの。そのため、商業施設などは必要な機能をあらかじめフォーマットされた中から個別に選択するだけで、独自の自社決済やポイント機能を付加したアプリを500万円から導入できるようになる。

 また、同アプリでは、商業施設などの利用者の購買データを分析・把握することができ、自社の会員管理とマーケティングをアプリ1つで実現する。さらに会員ランクに応じて優待特典を付与することでロイヤルカスタマーの増加にも貢献する。

 加えて独自ポイントの導入も可能。商品を購入した時点でリアルタイムに付与することで、アプリ会員の商業施設内の買い回りを促し、単価をアップさせるなどマーケティングに特化した独自機能も搭載される。

【関連記事】
京王百貨店、アイリッジとLINEミニアプリを開発 160万人の会員に向けた1to1マーケティングへ
サッポロ、電子レシートアプリと店舗と連携したフードテックサービス構築の実証実験
ポイントメディア「Powl」、レシート投稿&アンケートアプリ「テンタメ」と連携 データ活用を強化
PayPay等3社、今後ミニアプリ化を目指すスタートアップ4社を採択
アプリ&サイトの開発・設計・デザインはチームラボが担当 森ビルの「ヒルズネットワーク」がリリース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/06/21 17:00 https://markezine.jp/article/detail/36625

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング