MarkeZine(マーケジン)

記事種別

【モバイルリサーチ】モバイル検索サイトの利用動向、Yahoo!モバイルがトップ

2008/06/05 11:00

iMenuへのGoogle検索BOX設置などによりモバイル検索が使いやすくなってきました。そこで今回は、モバイルユーザーのモバイル検索の利用について調査しました。その結果ユーザーのモバイルユーザーの検索行動に変化が表れていることが判明しました。【バックナンバーはこちらから!】

調査概要/調査結果サマリー

 Webマーケティングガイドでは、モバイルインターネット調査会社のネットエイジアと共同調査のもと、モバイル検索エンジンに関する調査を行った。 2008年4月1日から、iモードのポータルサイト「iMenu」のリニューアルによりGoogleの検索BOXが設置され、モバイルユーザーにとって検索しやすい環境が整ってきた。[参照:ドコモ、「iメニュー」を4月にリニューアル――トップ画面にGoogle検索などを追加(+D Mobile)

 そのリニューアルの影響により、ユーザーのモバイル検索エンジン利用にどのような変化が見られたのかを2007年9月の第6回携帯電話の検索に関する調査と比較した。

調査概要

  • 調査対象:15歳~49歳のモバイルユーザー345人
  • 男女比:均等割り付け
  • キャリア比:Docomo:47.0%、Ezweb:39.4%、Softbank:13.6%
  • 年齢比:10代:18.8%、20代:24.9%、30代:34.5%、40代:21.8%
  • 調査期間:2008年4月17日~2008年4月21日
  • 調査方法:モバイルリサーチ
  • 調査機関:ネットエイジア株式会社

調査結果サマリー

  • ドコモユーザーにGoogleモバイルは徐々に浸透している
  • モバイル検索のキーワード数は、2つが50.5%、1つが36.6%で、PC検索とは異なる検索方法がみられる
  • 検索キーワードを追加して再度検索するユーザーが49.2%で、モバイルユーザーの検索行動が大きく変化している

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5