SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通と電通マクロミルインサイト、生活者インサイトを自動で深掘りするAIチャットボットを開発

 電通と電通マクロミルインサイトは、AIチャットボットが自動的に生活者インサイトを深掘り調査する「Smart Interviewer(スマートインタビュアー)」のβ版を共同開発し、企業向けに提供を開始した。

 これにより従来の調査手法では難しかった「一人ひとりに階層構造で深掘り」した聴取を、「大人数に同時に実施」することが可能となる。

 同ソリューションは電通独自開発のAI日本語対話エンジン「Kiku-Hana(キクハナ)」に、電通マクロミルインサイトがこれまで培ってきた生活者の潜在ニーズの発掘、分析・解釈のノウハウ、仮説構築につなげる知見を掛け合わせて開発した。また人の意識や商品価値を階層構造で聴取していく「ラダリング手法」が搭載されている。聴取したい階層構造や想定回答を事前にAIに学習させることで、階層構造に沿った質問をAIが自動で行い、回答を引き出すことが可能だ。

 2020年に500名に対して実施した、飲料ブランドの動画広告に対する印象評価に関する実証実験では、一人あたりの回答文字量は4.3倍、回答切り口の数は2.4倍まで増加。これに対し「特になし」などの回答は72%低減し、より具体的な回答を得られた。さらに対象者の73%が「回答しやすい」と評価した。

Smart Interviewerと、従来Webアンケート調査の自由回答との比較結果

Smart Interviewerと、従来Webアンケート調査の自由回答との比較結果

 今後はさらなる機能拡張や他ツールとの連携を進め、分析機能やユーザビリティの高度化を図りながら、応用可能な領域を広げていく予定だ。

【関連記事】
電通、Twitterと連携しイラスト・漫画広告素材を企画・制作・配信する「Twillust」提供
電通、企業の未来価値を見出すグループ横断組織「未来事業創研」を発足
電通、IoT家電のデータを活用したソリューション提供 第一弾として広告配信と効果検証可能に
電通、リアルな実況や歓声聴きながらランニングできるMOUSOUと業務提携 事業拡大目指す
電通、ベクトルとESG経営支援領域で業務提携 企業の価値向上を目的としたSXを推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/07/26 17:45 https://markezine.jp/article/detail/36852

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング