SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

資生堂、クリエイティブ部門を100%子会社化 「資生堂クリエイティブ」2022年1月設立

 8月2日、資生堂は、広告宣伝、化粧品パッケージデザインなどを手がけるクリエイティブ部門を100%子会社化し、資生堂クリエイティブ株式会社を設立することを発表した。

 新会社は、意匠部(現・クリエイティブ本部。初代社長福原信三氏が設立した、ポスター、パッケージ等のデザインおよび宣伝広告の企画担当部門)が1916年創設当時から培ってきた、感性に基づくクリエイティブこそが企業価値を創り出すという考え方を大切にしながら、新たな未来の美をデザインするクリエイティブ集団への飛躍を目指す。

 また、クリエイティブ人材のパフォーマンスを最大化すべく独自の人事制度を導入し、外部クリエイターとの協働や多様なグローバル人材の採用強化、クリエイターが創作活動により集中できる環境づくりを推進する。

 なお設立は、2022年1月1日を予定。

 同社は、「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」を目指し、中長期経営戦略における一つの柱として「成長基盤の再構築」を掲げ、「ブランドを強くするマーケティング革新と組織強化」に取り組んでいる。今回の取り組みはその一環。

【関連記事】
アクセンチュアと資生堂、DX加速を目的とした戦略的パートナーシップに合意
資生堂、気軽に美容のプロに電話相談できる「もしもしBeauty」本格提供開始
電通グループと三井住友フィナンシャルグループ、合弁会社「SMBCデジタルマーケティング」設立
コンボ、スタートアップスタジオ「combo」を設立 ベクトルら8社とともに新規事業の創出・成長を支援
DACとMediaMath、新会社MMJapan設立 次世代広告ソリューションにおける共創を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/04 16:45 https://markezine.jp/article/detail/36958

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング