SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第81号(2022年9月号)
特集「すごいBtoB企業がやっていること」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

インサイトテックとPwCが協業 幸福度マーケティングで不満客のロイヤル顧客化施策設計を支援

 Insight Techは、PwCコンサルティングの「幸福度マーケティング」ヘ自然言語処理技術を活用した不満データおよび顧客の声(VoC:Voice of Customer)分析を提供し、「不満客のロイヤル顧客化施策設計」の協業を開始した。

 同協業はPwCコンサルティングが提供する「幸福度マーケティング」に、Insight Techの「不満買取センター」を通じて収集する消費者の不満インサイトデータを提供。必要に応じ文章解析AIエンジン「ITAS」を掛け合わせることで、クライアント企業のロイヤル顧客施策を支援するものだ。

 「幸福度マーケティング」は、コンセプト検討・幸福度測定、幸福度・LTV(Life Time Value、顧客生涯価値)向上メカニズム特定、KPI策定、世界観・施策設計、実行・ケイパビリティ構築の5つのステップで構成されている。

 同協業ではInsight Techが「幸福度マーケティング」にて2つのフェーズを支援していく。一つ目は、幸福度・LTV向上メカニズム特定フェーズにてInsight Techが保有する2,200万件超の不満インサイトデータを活用。顧客の不満状態と幸福度、その他の属性や行動などのデータとの間のメカニズムを解明する。これにより高精度な「幸福度メカニズム」の解明ができる。

 二つ目は世界観・施策設計フェーズにて上記により明らかになる「幸福度メカニズム」とその背景にある生活シーン・ライフスタイルを踏まえ、ロイヤル顧客化施策を設計。これにより企業のロイヤル顧客育成を通じた顧客価値の向上が実現し、収益向上が期待できる。

【関連記事】
博報堂、Insight Techと「社会不満HEATMAP」を開始 コロナ禍の不満を企業活動に活かす
ヤフー、セグメントの特徴から多面的なペルソナを可視化する「DS.INSIGHT Persona」提供
サンリオとPwCが「Kawaii」を共同研究 知見をパーク運営やマーケティング手法の強化に活かす
PwCコンサルティング、自動車業界向けに販売ソリューションを提供 検討~購入時の接客をスマホ上で実現
電通と電通マクロミルインサイト、生活者インサイトを自動で深掘りするAIチャットボットを開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/19 16:15 https://markezine.jp/article/detail/37053

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング