SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第68号(2021年8月号)
特集「ブランドの魅力が伝わる、戦略的な顧客接点」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

定期誌『MarkeZine』データで読み解く

Clubhouseユーザーはどんな人?価値観・消費行動の特徴を探る

 2021年に入り、突如として話題となったアメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。果たしてどのようなユーザーが利用しているのだろうか。Clubhouseユーザーのライフスタイルや特徴を探る。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

※本記事は、2021年8月25日刊行の定期誌『MarkeZine』68号に掲載したものです。

 2021年に入り、突如として話題となったアメリカ発の音声SNS「Clubhouse(クラブハウス)」。参加には他のユーザーからの招待が必要という制約がある中、2021年1月時点で全世界のアクティブユーザー数が200万人を突破している。芸能人や著名経営者の生の声を聴けるとあって、若い世代を中心に注目を集め、日本国内でも急速な広がりを見せた。当初アプリを利用できるのはiOSのみだったが、5月にはAndroid用のβ版アプリもリリースされ、さらなる利用者拡大・定着となるのか、その動向が注目されている。

 今回の「データで読み解く」では、リサーチとデータ活用でマーケティング支援を行う株式会社マクロミルの「ブランドデータバンク」のデータから、実際に「Clubhouse」を利用している人をピックアップし、どのようなライフスタイルを送っているのかを明らかにしていく。

 なお、Clubhouseユーザーについては、ブランドデータバンク第32期調査(2021年1月実施)の回答者に追跡調査を行い抽出した。具体的には、以下の質問でいずれかの頻度で「Clubhouse」を利用していると回答した人(n=512)を分析対象とし、ブランドデータバンクの15〜59歳全体(n=20,873)のスコアと比較している。

質問文:

 あなたは、招待制音声SNSアプリ「Clubhouse」を知っていますか。知っている方は、「Clubhouse」の利用状況について、どれにあてはまるかをお答えください。

  • ・「Clubhouse」を知らない
  • ・「Clubhouse」に招待されていないので、利用していない
  • ・「Clubhouse」に招待されているが、利用していない
  • ・ほぼ毎日利用している
  • ・週4〜5日程度利用している
  • ・週2〜3日程度利用している
  • ・週1日程度利用している
  • ・2週間に1日程度利用している
  • ・1ヵ月に1日程度利用している
  • ・1ヵ月に1日未満の頻度で利用している

平均年齢は若いが個人年収は高め 消費行動に積極的で貯蓄もしっかり

 まずは、Clubhouseユーザーのプロフィールを見ていこう。図表1の男女比のグラフを見ると、男性の割合が65%と高い。年代の内訳では20〜30代が多く、次いで40代が多いが、15〜19歳も17%を占めており、平均年齢は33.3歳となっている。

図表1 Clubhouseユーザーの性別・年代(タップで画像拡大)
図表1 Clubhouseユーザーの性別・年代(タップで画像拡大)

 職業については会社員が55%で過半数を占めており(全体比+11ポイント)、また学生も19%(全体比+7ポイント)と多い。一方で、専業主婦/主夫の割合は4%(全体比−8ポイント)と少ない。

 個人年収は平均479万円で、全体平均(383万円)と比べて大幅に高い。世帯年収の平均も721万円で、全体平均(599万円)より高い。そのため、1ヵ月に自由に使える金額(平均47,300円)や1ヵ月の貯蓄額(平均49,100円)も全体平均と比べて高めの金額となっているのが特徴的である。

 平均年齢が若いにもかかわらず自身の年収が高く、貯蓄をしながら自由に使えるお金もあるということから、生活に余裕があり自分のためにお金を使えるタイプだと言える。

この記事の続きはMarkeZineプレミアム会員になるとお読みいただけます。
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』年間購読サービスもございます。
詳細はこちら

次のページ
イノベーター気質を持ち活動的 リーダー志向で人生にも前向き

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
定期誌『MarkeZine』データで読み解く連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

マクロミル(マクロミル)

高品質・スピーディな市場調査を提供する、マーケティングリサーチのリーディングカンパニー。生活者のインサイト把握やデジタルマーケティング施策の広告効果測定など、マーケティング課題解決に向け最適なソリューションを提供。世界21カ国、50の拠点を展開し、唯一無二のグローバル・デジタル・リサーチ・カンパニーを目指す...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/08/27 07:30 https://markezine.jp/article/detail/37065

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング